ソーシャルメディアマーケティング:ハッシュタグを活用したPR戦略とそのメリットとは?

日本でもスマホとインターネットが普及・拡大したことで、Facebook、Twitter、InstagramなどのSNSを利用する人が多くなった。

企業側もSNSをマーケティングツールとして活用することが多くなった中で、「ハッシュタグキャンペーン」という言葉を耳にすることも多くなった。

ハッシュタグとは、『#〇〇』のようにハッシュタグをつけ、関連キーワードと一緒に投稿すると、同じハッシュタグワードで発信された投稿を集約してくれる仕組みだ。

socilmediamarketing-hairrecipe

ハッシュタグを活用したPR戦略のメリットと実施する上でポイントになる上で重要なポイントを考えてみる。

 

ハッシュタグを活用したPR戦略の4つのメリットとは?

ソーシャルメディアマーケティングラボによると、ハッシュタグを活用したPR戦略の4つのメリットは次の通りである。

ハッシュタグを活用したキャンペーンを実施する4つのメリット【成功するSNSマーケティングのハッシュタグ活用術】 | ソーシャルメディアマーケティングラボ#ソーシャルメディアマーケティング https://t.co/wwyrVl1WVP

— Ryota (@chanryo22) 2016年7月31日

  1. ブランドに対して高い熱量を持つユーザーを巻き込み、インタラクティブな体験を提供することができる
  2. ハッシュタグが口コミの集積場所として機能する
  3. 関連ハッシュタグにより、親和性の高いユーザーへのアプローチを可能にする
  4. 投稿の二次利用ができる

ブラウザを活用して物事を検索することも多いと思うが、SNSが登場したことにより、SNS上のコンテンツ・情報をハッシュタグで抽出して欲しい情報を検索することも多くなっているだろう。

 

したがって、同じカテゴリー内でコンテンツを集約し、情報をピックアップしやすい環境を整えるという意味でも、2つ目の要素は大きい。

 

3つ目の「関連ハッシュタグにより、親和性の高いユーザーへのアプローチを可能にする」ということだが。

例えば、「#ラーメン、#とんこつラーメン」のようになハッシュタグをつけて、SNS上に投稿したとしよう。

すると、当然「#ラーメン」「#とんこつラーメン」というカテゴリー内にコンテンツが集約される。

次に他のユーザーが、その対象のコンテンツを「#うまい店、#東京」のように、違うハッシュタグを使って、投稿する。

それによって、「#ラーメン」「#とんこつラーメン」では拾いきれなかったユーザーへのアプローチを可能にするということだ。

つまり、潜在的需要にアプローチすることができる。

 

まとめ:ハッシュタグを活用したPR戦略を実施する上で大切なこととは?

ハッシュタグを活用したマーケティングが重要であることが分かったと思う。

では、実際に実施する上で重要なポイントとは何かを考えていく。

僕は、「①インフルエンサーの活用、既存顧客の行動分析」

「②分析した結果から、共通項(趣味・趣向、ライフスタイルなど)を洗い出す」

「③独自性のあるハッシュタグと王道のハッシュタグを活用して投稿していく」

 

潜在的需要にもアプローチしていくためには、まずユーザーが「どのようなことに興味があって」「どんなライフスタイルなのか」を理解することが重要。

そのためには、既存顧客の行動分析は不可欠であり、それを基にオリジナリティー溢れるワードを作り上げ、同時にブランディング化を進めていくことが重要であると考えた。

 

今後も、国内を問わず、海外でのマーケティング活動をする上で、SNSを活用したマーケティングは重要。

Instagramなど視覚的に情報を与えてくれるサービスも多くのユーザーに活用されていることもあり、食べ物やファッション関連、ヘルスケア・健康関連との親和性は高いと言えるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

YOKOS会議を開催!横須賀市が抱える問題を解決するためにはインバウンド需要の取り込みが必要不可欠だ

先日、東京でYOKOS会議が行われたとのこと。

YOKOS会議が開催された背景には、横須賀市が抱える問題を解決していこうというもの。

その問題点というのは、「人口減少」だ。

首都圏の中でも、人口流出が高く、各地区で空き家が増えているなど、今後の成長が危ぶまれる。

横須賀市が抱える問題点を解決するためには、たくさんの訪日外国人に来てもらうなど、「インバウンド需要」の取り込みが必要不可欠だ。

 

インバウンド需要を取り込むために必要な要素を明らかにしつつ、今後どのような施策が必要なのかを考えていく。

 

観光立国になるために必要な4つの要素とは?

観光立国、つまりインバウンド需要を取り込むために以下の4つの要素が必要である。

  1. 気候
  2. 自然
  3. 文化

気候は、暑さや寒さなどの環境を指す。

極端に暑かったり、寒かったりしては、観光客にとって行くハードルが上がるものだ。

雪が降るなら、スキーやスケートなどある一定の需要を取り込める。

 

次に自然。

高層ビルやアスファルトに囲まれた土地では、体力的にも疲れるだろうし、そこに行く魅力が低くなってしまう。

幸いにも、日本には日本でしか見られない自然や建設物などもある。

 

3つ目が、文化である。

京都には昔ながらの風景や神社や寺などの文化的建造物も多い。

また、相撲、着物、歌舞伎など日本文化は他の国々と比べても、差別化を図れる要素。

 

最後に食。

僕も海外に行ったら、現地の食を楽しみたいという思う。

2015年における、訪日外国人数は1970万人だったが、中国、韓国、台湾などアジアからきた観光客が多かった。

物理的な距離が近く、旅行しやすいこともある。

韓国からの観光客は、滞在期間も短いことから、日本食を楽しみたいというニーズが強いことが考えられる。

韓国に限らず、日本食を楽しみたいというニーズは高く、今後も増えていくだろう。

 

まずは、「顧客視点」からみるところから。何を求めているかを理解し、施策を考える

しかし、日本が考える日本の魅力はずれている。

日本は、観光立国として、①国の知名度②治安の良さ③交通アクセスの良さという3つの要素が強みであると考えているようだ。

 

確かに、こう言った点は事実であるが、果たしてそれは「訪日外国人が求めている」ものなのだろうか。

僕も、海外を旅行することが好きだが、こう言ったことはあまり意識しない。

治安の良し悪しは気になるが、海外に行く醍醐味は「どんな魅力的な場所(文化)があって、どんな魅力的な食べ物があるか」というものだ。

 

なんでこのようなギャップが起きるかというと、顧客から物事を見ていないのが大きいのではないだろうか。

日本の公共機関は、正確に稼働しているが、それは短期滞在している観光客にとっては重要ではない。

むしろ、運賃や英語でのコミュニケーションができるかなどが重要である。

そういった点では、日本でかかる運賃は非常に高く、むしろ弱みになるとすら考えられる。

 

オーストラリアの観光マーケティングから考える、インバウンド需要を取り込むために必要なこととは?

オーストラリアのクリーンズランド州で非常にユニークなマーケティング戦略が実施された。

それは、グレート・バリア・リーフにあるハミルトン島の管理人になれる求人広告を掲載したのだ。

何をやるのかというと、ハミルトン島の魅力を伝えること。

主に、日光浴、水泳、シュノーケリング、セーリングなどをして、写真や動画を撮り、それを世界中の読者に向けたブログで毎週発信するというもの。

 

この求人は、すぐに世界で話題になり、掲載初日だけで30万人がアクセスしたとのこと。

結果的には55億円規模の広告効果があったと言われる成功事例になった。

 

したがって、コンテンツ(観光資源)をPRして、認知形成をしていくことが重要。

そのためには、まずは「顧客」が誰なのかを明確にし、顧客視点で物事を考えるべき。

そして、求めているものをどのようなルートで発信していくかを決定していくのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

テンセントが訪日中国人の囲い込みのためにWe Chatの広告サービスを提供することで日本企業は何が変わるのか

中国のインターネットサービス大手であるテンセントが日本企業向けに広告サービスを提供すると発表。

訪日中国人の囲い込みが背景にあり、テンセントが提供するSNS「We Chat」などへの広告出稿が今後可能になってくる。

これによって日本企業へのメリットは何なのかを考えていきたい。

 

テンセントの広告ソリューションの提供によって何が変わるのか

日本企業へのメリットは大きく分けて3つあると考えた。

  1. 日本企業のWe Chatなどへの広告出稿の障壁が低くなる
  2. アクティブユーザー数7億6000万人のプラットフォームを活用し、PRすることができる
  3. ワンストップ型の広告ソリューションを活用することができる

まず1つ目は、広告枠の越境解放という点。

今までは、中国本土へのプロモーション戦略、広告出稿などをするためには中国現地で子会社を運営しなければならないなどの制約があったが、今回のサービスによって障壁が低くなり、日本企業がサービスを利用しやすい環境が整ったということだ。

 

2つ目は、大きなプラットフォームを活用することができるため、効率良くPR、集客することができる。

We Chatのアクティブユーザー数は、7億6000万人。

この大きなプラットフォームを活用することができる。

また、中国のSNSを利用することがなぜ良いかというのは以下の点からわかる。

高級品の世界市場では中国の消費者への売り上げが全体の40%を占め、さらにその90%が海外旅行中の購買によるものという。

同社の調査では、中国人が購買決定に至るまでの過程の約80%はまず中国国内でスタートするという。

つまり、効率的なプロモーション戦略を行うためには、如何に中国本土で(潜在的な)訪日中国人への認知形成とプロモーションができるかが重要である。

 

最後に3つ目は、今まで言語的な問題があり、なかなか取り組めなかった分野であった訪日中国人へのプロモーション戦略が、ワンストップ型の広告ソリューションを利用することで、中国語や効果測定・分析などを委託することができる。

 

まとめ

今後も訪日中国人数の増加が予想される中、取り組まなければならない重要な課題の1つであると言える。

今後、ホテル、健康・美容、ファッション業界での利用が多くなるだろう。

その中で、クーポンなど消費者側へのインセンティブという部分などは他社との差別化を図る意味では重要になってくるだろうし、今後どのような点で優位性を持たせるかは鍵になってくると思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

人工知能は人間を超えるのか?人間の未来を変える究極のテクノロジーになっていく

人工知能は人間を超えるのだろうか?その先に待つ未来はどのようなものなのだろうか?

松尾豊氏著の『人工知能は人間を超えるのだろうか?』を読みました。

 

artificial-inteligence

EY総合研究所の調査によると、人工知能を活用した関連産業における国内の市場規模は次のようになる。

(参照:「人工知能関連作業の市場規模は2030年には86兆円越え?!5年以内ではチャットボットが人気サービスに!」)

  • 2015年: 3兆7,450億円
  • 2020年: 23兆638億円 (年率 +43.8%)
  • 2030年: 86兆9,620億円 (年率 +14.2%)

なんと、2030年には2015年時の市場規模の30倍ほどにまで成長していく予測が立てられている。

2015年現在における人工知能を活用した機器、システム等の国内市場規模は、EC市場でのレコメンド活用などIT領域を中心に卸売・小売分野として1兆4,537億円、広告分野6,331億円、金融・保険分野5,964億円など合計3兆7,450億円と推計している。

 

第3次人工知能ブーム「ディープラーニング」が成長のポイントに?!

2014年、英国デロイト社は、英国の仕事のうち35%が、今後20年間でロボットに置き換えられる可能性があるという報告を発表した。年収3万ポンド(約550万円)未満の人は、年収10万ポンド(1800万円)以上の人と比べて、機械に仕事を奪われる確率が5倍以上高いという。

また、実業家のレイ・カーツワイル氏は、2045年に技術的特異点が起こるという見通しを立てている。

 

急成長している分野という認識が高い人工知能分野だが、今まで2度のブームが起きている。

  • 第1次ブーム:1950年代後半〜1960年代。コンピュータで「推論・探索」をすることで、特定の問題を解く研究が行われた。
  • 第2次ブーム:1980年代であり、コンピュータに「知識」を入れると賢くなるというアプローチが全盛を迎え、エキスパートシステムと呼ばれる実用的なシステムがたくさんつくられた。

第1次ブームである「推論・探索」によって、人工知能は、「〇〇ならば、△△」といったように、論理的に解を導き出すことができるようになった。

例えば、将棋などのマスを使ったゲームである。

「王将がどのくらい前に出ているのか」

「歩は角の前にある」

といったように、1つ1つの事実データをコンピュータが分析し、次の手を考える。

ある情報が当てられていて、それを分析し、次の行動を考える技術を開発したのだ。

 

次に第2次ブームである。

この時は、知識をコンピュータに入れることで、人間を超えた頭脳を作ることができるだろうと考えていた。

 

しかし、どちらのブームも終わる。

 

そして、第3次ブームとして開発された技術が「ディープラーニング」だ。

ディープラーニングでは、コンピュータ自信が、「特徴量」を作り出すことができるのだ。

例えば、YouTubeから取り出した画像を大量に見せてディープラーニングにかけると、コンピュータが特徴量を取り出し、自動的に「人間の顔」や「ネコの顔」といった概念を獲得するのだ。

ディープラーニングでは、このように「ちょっと違ったかもしれない過去」のデータをたくさんつくり、それを使って学習することで、「絶対に間違いではない」特徴量を見つけ出す。

そして、「絶対に間違いではない」特徴量であるがゆえに、その特徴量を使った高次の特徴量も見つけることができるのである。

ディープラーニングによって、今後さらに技術の向上が期待されるが、できる範囲は非常に限られている。

今後は、「感情理解」「自律的な行動計画」が立てられるようになれば、ビッグデータの活用や自動運転もできるようになるだろう。

さらに「環境認識」「言語理解」の能力が向上すれば、社会進出も視野に入ってくる。

人工知能が日常生活レベルで普及していく世界にはまだまだ道半ばだが、今から僕たちにできること、そして何が重要なのかということを常に念頭に置いて行動していきたい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

電子書籍を普及するためには、ビッグデータを活用したマーケティング戦略が必要

本屋がどんどん減っている。

背景として、スマホ・インターネットの普及・拡大によってAmazonなどのeコマースの活用、電子書籍の台頭、書籍を読まなくなっていることが原因だ。

一方で、電子書籍の普及・拡大も伸び悩んでいる部分があるが、さらに電子書籍を普及させていくためにはどうすれば良いのか考えてみたいと思う。

 

ポイントは「価格戦略」とビッグデータを活用したマーケティング戦略

重要なポイントは2つ

  1. 価格戦略
  2. ビッグデータの活用

まずは、価格戦略である。

最大のボトルネックは、書籍と同等の価格で販売されていることである。

これでは、電子書籍への購買動機が湧きづらい。

今まで、リアルな本を読んでいたわけだから、価格が同じならば読みやすいリアルな本を購入するのことは合理的だ。

単純に考えれば、書籍を印刷するコストやそれに対する人件費なども掛からないはずだから、グッと価格は下げられるはずだ。

まずは、価格戦略により消費者の購買障壁を取っ払うことが先決だ。

 

次に、ビッグデータを活用したマーケティング戦略。

具体的に言うと、電子書籍を購入した特典として、「もう1冊プレゼント」という施策だ。

例えば、東野圭吾の作品を購入した場合ならば、東野圭吾の他作品や類似した作品をプレゼントするのだ。

そうすることで、さらにお得感を与えられる。

 

また、このプランによって潜在的需要へのアプローチをも可能にする。

これは実店舗でも言えることだが、消費者は立ち読みをして、「なんだかこの本面白そう!」というように衝動的に購入することもあるはずだ。

電子書籍の弱い点は、このように実際に読んで買ってもらう導線を囲えないことだが、その需要を囲うためにも効果的な施策と言えるだろう。

電子書籍は、一般的な書籍と比較して原価が掛からない。その価格的な優位性を最大限に活かせるだろう。

 

2015年のビッグデータの市場規模は940億円!

IDC Japanによると、2015年のビッグデータの市場規模は約940億円。(前年比32.3%増)

bigdata-market

2020年には、市場規模は2500億円を超える見通しである。

購買履歴などのデータからその人の趣味にあった本や、カテゴリーなどを割り出すのは簡単なはずだ。

今後は、ビッグデータの活用と人材の確保という点が課題に上ってくるだろう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

京都市への外国人宿泊者が300万人を超え!今後さらに訪日外国人数を伸ばしていくには?

2015年の京都市に宿泊した外国人観光客数が316万人となり、300万人を突破(前年比7割増)。

うち、中国人観光客数は65万人であり、前年の宿泊者数の2.7倍にまで上昇した。

2015年における訪日外国人数は過去最高の1970万人を突破し、2020年にまで4000万人に向けた道筋を作っている最中だが、訪日外国人数が増加している理由と、今後の課題は何なのかを考えてみる。

 

訪日外国人数が増加している要因は?

日本を訪れる外国人が増えている理由は以下の通り。

  1. そもそも日本への興味・関心が高まっている
  2. 円安効果
  3. ビザ取得の緩和
  4. アジアを中心とした国々が経済的に豊かになってきた

外的要因もあるが、何といっても日本への関心度が高まり「行ってみた!」と思っている人が増えたことが大きいと思う。

和食も無形文化遺産に登録され、各国で日本食ブームが起きているほど。

世界情勢の影響により、円安になったり、円高になったりと不安定な部分がある点が、今後の訪日への影響が気になるところ。

 

「コト消費」需要の拡大。さらに訪日外国人を増やすためには?

京都市における外国人宿泊者数は300万人を超え、2020年に達成するする目標を5年も前倒しで実現。

さらに訪日外国人を増やすためにはどうすれば良いのか?

昨今、アジア圏(特に中国)からの観光客が増加しており、2015年は「爆買い」というワードが流行語になった。

hounichigaikokujinsuu

これは、2015年の国別の訪日外国人数を表している。

図から分かるように、6割以上がアジア(中国、韓国、台湾、香港)からの旅行客だった。

 

今後は、

  • アジア圏
  • 欧米

に区分けし、それぞれに対する施策を考える必要がある。

年間の中国人の海外旅行者数は1億人を超え、今後も日本を訪れる中国人は増えていくだろう。

 

課題は、欧米系の人々への誘致策である。

2015年は全体の1割にも満たない。欧米人の訪日理由は、「日本文化の理解・体験」など「コト消費」への需要が高く、かつ消費金額も高い。

今までは、訪日外国人「数」といったように「数」を視点にして考えていたが、今後は「消費金額」という観点からも考えることが重要になるだろう。

 

まとめ

東京都にはフランス料理店が7000店舗を超えるそうだ。

フランスは寿司屋が1500店舗ほどで、日本食ブームと言っても、供給側の数がまだまだ足りない。

「日本」という存在を認知させるためには世界を相手にしたビジネスや取り組みは今後の課題であり、早急に取り組むべきものなのだ。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

Pokemon Goがアメリカモバイルゲーム市場で最多のユーザー数を獲得したその理由は何なのか?

『Pokemon Go』がバズワード化している。

7月6日にアメリカ、ニュージーランド、オーストラリアで公開されたスマホゲームだが、7月12日の時点でアクティブ・ユーザー数が2100万人を突破する爆発的な人気を呼んでいる。

アメリカの人気スマホゲームというと、『Candy Crush』が2000万人のユーザーを獲得したが、その記録を抜き、最多のユーザー数を獲得したことになる。

pokemon-go-data

 

なぜ、『Pokemon Go』は短期間で爆発的にユーザーを獲得することができたのか?

その理由は

  • ブランド力がある
  • スマホの普及による『口コミ』の拡散力

大きく分けて、「プロダクトの側面」「外的要因」だろう。

ポケモンは海外に関しても、長年にわたって根強い人気を獲得したのと同時に、今までに培ってきたブランド力がある。

ブランド力があるということは、ユーザーになんらかのリアクションをしやすい取りやすい状況をつくってくれる。

 

ボンカレーなどもそうだと思うが、

周知への認知形成が上手くいっているならば

「あ、ボンカレーの新作が出たんだ。食べてみよう」という行動を起こしやすい。

 

一方で、無名のレトルトカレーだと、なかなか次のアクション、リアクションを起こさせるのは難しいだろう。

 

ポケモンという、昔から人気だったゲームがスマホゲームで蘇ったという点と、魅力的だった空間が、位置情報サービスを利用したゲームになったことで、リアルな空間にポケモンが登場するといったゲームのコンセプトが、多くのユーザーを獲得したポイントの1つだろう。

 

もう1つが、外部環境の変化である。

スマホ・インターネットの登場によって、1人1人が発進する情報の影響力は増し、口コミ力も強くなった。

多くの人がSNSやインターネット上に情報を発進した結果、多くの人がその情報を受け取り、実際にゲームをやってみて、ユーザーに定着化するという流れが確立されたのだろう。

 

まとめ

いよいよ日本にもPokemon Goが上陸するという情報がある。

日本でも、もちろん人気ゲームとなるだろうし、日本のゲームのプレイ時間などを踏まえると、ポケモンブームが再来するんじゃないかとすら感じる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ポケモンGOがかなり人気らしい。Twitterに匹敵する利用者がプレイしている

ポケモンGOがかなりの人気を呼んでいる。

ポケモンGOは任天堂と「INGRESS」のNiantic社がタッグを組んだ位置情報ゲーム。

位置情報を使うことで、現実世界でポケモンを捕まえたりバトルすることができる。

現実世界にポケモンが登場し、モンスターボールで捕まえるといった、今まではゲーム空間に留まっていた世界がリアル世界に反映されたのだ。

アメリカで急激にユーザーを増やしているようで、ポケモンGOのユーザー数は、Twitterのユーザー数に匹敵するほどにまで拡大しているという。

 

そこで、Googleトレンドで「Pokemon GO」の人気度を調べてみたら次のようになった。

pokemon-go-trend

  • 赤:Clash of Clans
  • 黄:Candy Crush
  • 緑:League of Legends
  • 青:Pokemon GO

人気ゲームとPokemon GOを比較した時に、Pokemon GOがどのくらい急激に人気になったかが分かるだろう。

 

では、なぜPokemon GOは人気になったのか。

  1. 広い年齢層に愛されているゲーム
  2. 位置情報を活用することで、実現した非現実的な体験ができること

ターゲット層が広く、多くの人に愛されるコンテンツなので、母数が大きくなっている点はあるかと思うが、やはり位置情報サービスを活用することで、現実世界に非現実的な雰囲気を作り上げられたのは大きい。

 

まとめ

こういったアプリは、観光業などとも相性が良いと思う。

例えば、浅草寺などに行くことで、手に入れられる伝説のモンスターがいたりとか、レアアイテムが手に入るとか。

なんらかの特別感を得られるような仕組みづくりをアプリ内で構築し、実際に足を運ぶ環境を作ることで、人の流れを作ることができる。

そうすることによって、今まで足を運ばなかった土地へのアクセスの間口を広めれるので、こういったスマホアプリとの連動というのは今後のキーワードになり得るのではと思う。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

鳥貴族の出店が加速!!天ぷら「ひらお」も連日大行列だが、「専門店×低価格」が成功の鍵を握っている

焼き鳥居酒屋「鳥貴族」が急成長を遂げている。

全品280円という手頃な価格帯で若者を中心に人気を呼んでおり、現在は関東・関西・東海の駅前に479店舗を展開している。

目標として、オリンピックイヤーの2021年7月期に3大都市圏で1000店を掲げており、それに向かって旺盛な出店を加速している。

1000店達成後は、海外に進出するとともに、全国に店舗網を広げて2000店を目指すとしている。

鳥貴族が急成長できている理由は何なのかを考えていきたいと思う。

 

成功の鍵を握るのは「専門店×低価格」

鳥貴族の2015年7月期の売上高は、186億5900万円(前期比127.7%)、営業利益が11億1800万円(同161.9%)、経常利益が10億8200万円(同130.2%)、当期純利益が5億8500万円(同142.7%)と3期連続で増収増益を達成している。

torikizoku-salese

持続的な成長ができる理由は何なのか。

それは、原価率の低さと、「専門店×低価格」が人気という外的要因だろう。

 

焼き鳥用に食材を串に刺したりなど仕込みが大変なイメージがあるが、業績を上げ続けることができるのは、鶏肉などの調達コストが低い(原価率が低い)からだろう。

スーパーで売っている鶏肉は100gあたり40円台あたりだろう。

1本の串の原価は、高くても15円〜20円。

 

さらに、飲み物も280円という比較的安価な価格帯で提供できるため、ドリンクが安いというポイントを活用して集客することができる。

訪日外国人が増えるにあたり、焼き鳥屋さんという業態はウケると思うので、成長が加速するのではと考えた。

 

まとめ

福岡にも「ひらお」という人気天ぷら屋さんが存在する。

昼時に行くと、長蛇の列が店内にもできており、連日満席。

  • 原価率が低い
  • 回転率が高い

という理由から、かなりの売上を叩き出しているだろう。

今日も、熊本県にある天ぷら屋さんに行ったが、地方のロードサイド店舗なのにそこそこ人が入っていた。

地方のロードサイド店舗は、人気店がないイメージだったが、天ぷら屋さんということで、原価率が低いため、一定数販売できれば、儲けが出るような仕組みになっているのだろうと思った。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ライブ動画が38万回再生された!!朝食チェーン「アイホップ」のソーシャル戦略から学ぶ、「インタラクティブな仕組みづくり」について

朝食チェーン「アイホップ」は、Facebookのライブ動画を活用し、新作のパンケーキのプロモーションを実施した。

このライブ動画のコンテンツは、ビーチに置かれたパンケーキがただただた流れているだけというシュールな動画になっている。

にもかかわらず、合計38万回再生された動画になった理由は何なのかを考えていく。

 

ソーシャル戦略には、インタラクティブな仕組みづくりが必要不可欠?!

ここまで再生回数を上げることができた要因は「コンテンツを通して、ユーザー側に何らかのアクションを起こさせた」ことなのか。

ビーチに置かれたパンケーキの動画が、「この後は何が起きるのだろう?」といったように、ユーザー同士のコミュニケーションを促進させるようなエネルギーがあったと仮説を立てると、ソーシャル戦略で大切な要素は「インタラクティブなやり取り」を促すということだ。

 

HISが実践した数億円の露出効果があったと言われたSNSの戦略事例を見てみる。

これは、ユーザー側と一緒に旅に関するランキングを作っていくというものだ。

  1. ランキングへの投稿を募集
  2. ユーザーに投票してもらう
  3. ニュースリリースやSNSでランキングを発表する

ポイントは

①自分ゴトに捉えてもらえる内容

②人の帰属欲求に訴えるような内容

だ。

 

そもそもシェア(共鳴)は、「自分ゴト」→「みんなゴト」→「シェア」というプロセスのもと起こる。

まずは、旅行好きの人に対して

「お、これは僕に関係する内容だ!」と思わせることが大切。

 

次に、「みんなにも教えてあげようかな」

などのように、対象のコンテンツを通して、コミュニケーションを起こさせること。

このプロセスのもと、周りへと波及していくのだ。

 

世界のソーシャルメディア利用者は23億人を超える

この記事によると、インターネット利用者は、全人口の約70%が利用しており、ソーシャルメディアの利用率は、32%の23億人が利用している。

このデータから考えても、まだソーシャルメディアが及ぼすマーケティングへの影響力は高い。

インターネットの時代だからこそ、ユーザーとの「共創」という考え方が大切なのかもしれない。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0