やってみる

コピーライティング力を上げたい人必見!商品を売るために押さえるポイントまとめ

「記事を作成したけど、なかなか商品が売れない」という悩みを抱えている人は多いはずです。

それって

  • 記事構成
  • 記事を作成する考え方

を変えるだけで【売れる文章】へと変わっていくかもしれません。

僕自身アフィリエイトを始めて5ヶ月くらいが経ち、順調に成約数を伸ばしております!

そこで、普段意識しているコピーライティングを紹介したいと思います。

コピーライティングに必要な要素を理解すること

まずは【売れる文章】にはブロックごとに役割があるので紹介します。

大きく文章を4つのブロックに分けると、上図のようになっています。

  • 「商品の特徴を伝えれば良いんでしょ?」
  • 「読みやすい文章書けば問題ないでしょ?」
  • 「あれもこれも文章に取り入れよう!」

こんな感じで文章を書いていくと、読みづらかったり、要点を押さえていない文章に陥りがちになってしまいます。

だから、きちんと『型』というものをしっかりと意識することが大切なんです

キャッチコピーの役割は?

キャッチコピーの役割はなんでしょうか。

それは、次の文章を読みたいと思わせたり、その商品に対する興味・関心を掘り起こすことです。

人が行動する理由って何?

人がお金を出してでも商品を購入する理由って何なのか。

それは、「快楽を得る」「苦痛を避ける」ためです。

「欲しくてたまらないとおもていた快楽を得られるかも知れない」「今、抱えている悩みや痛みを取り払ってくれるかもしれない」という欲求を刺激され、期待を感じるからなのです!

ボディー構成する内容は?

ボディーの役割は、ユーザーが抱える問題の解決策を伝えて上げて、その商品を「欲しい!」と思ってもらうことです。

そこで、以下の4つのポイントを明示してあげることが重要になります。

お客さんが抱いている4つの疑問

  • 結果
  • 実証
  • 信頼
  • 安心

お客様が抱える4つの疑問とは

①これは私に何をしてくれるの?

→商品によって得られる結果

 

②なぜ、これが私の役に立つの?

→その結果が出る理由を実証

 

③ところで、あなたは誰?

→商品を信頼できる理由

 

④これは私にも効果があるの?

→効果があるという安心

 

結果を見せるとお客様は、商品を欲しくなります。

実証を見せるとお客様は、自分にもできると思い、信頼を見せるとお客様は、背中を押され、購入に前向きになるのです。

安心を見せるとお客様の持つ、全ての不安を取り除くことができます。

クロージングで魅力的なオファーを提示してあげる

魅力的なオファーを構成する4つの要素
  • ①簡便性(早い、簡単)
  • ②希少性(個数、期限など)
  • ③特典(プレミアム性)
  • ④保証

①簡便性

すぐに簡単に満足を得られるということ

 

②希少性

人は、限られているもの、残り少ないものに対して強い価値を感じる

 

③特典

商品に付加価値をつけて、商品の価値をあげ、価格を落とさずに販売するということ

 

④保証

お客様が持つ、粗悪品を掴むかも知れないというリスクを肩代わりすることによって、購入を迷っている背中を押すことができる

最後にもう一度『ベネフィット』をまとめてあげる

追伸(まとめ)がなければ、人は「なんだか結局売り込みじゃないか」と思い、あなたの商品の良さや、そこから得られるベネフィットも一切知らないままに、セールスレターをよくことをやめてしまうのです。

人は売り込まれることが嫌いです。

クロージング部分でセールス色が強くなる部分をフォローします。

売れる文章を書く前に準備するべきポイントは?

訴求するターゲットを決める

LPの要約をします。

まずはここで、ターゲットを絞り込みます。

・デモグラフィック変数(年齢、性別、職業、所得など)

・サイコグラフィック変数(価値観、ライフスタイルなど)

どんな状況に困っているのかを徹底分析

育毛剤ってハゲになってから使う人って少ないですよね?

恐らく、ハゲが気になり出し始めた人が購入するものだと思います。

 

またその「ハゲが気になり出した」背景って色々とあると思います。

  • カッコいいのに髪の毛が薄いよね?って言われた
  • モテたいけど自信ない

などなど。

ユーザーがどんな状況で困っているのかを徹底的にリサーチしましょう

商品をよく知ること

次に、商品をしっかりと理解します。

  • どんな成分が配合されているのか
  • 他と比べて何が違うのか

競合サイトなどと比較し、洗い出します。

その商品を購入することでユーザーはどうなるのかを考える

ユーザーは、その商品を購入し使用することで、得られる未来を期待しているのです。

だから、その未来を手に入れられる理由となる要素をきちんと考えましょう。

商品の特徴、差別化ポイントってなに?

コラーゲンが減少することで、毛髪育成にストップがかかり、髪の毛が薄くなるということ。

コラーゲンサポートが重要ということで、配合成分とその含有量が差別化ポイントになることが分かりますよね。

売れる文章の構成案に必要なポイントは?

売れる文章の構成案に必要なポイントをまとめます。

商品を購入することによってどんなベネフィットがあるのかを明示すること

繰り返しになってしましますが、【ベネフィット選定】が重要です。

これによって、一瞬でターゲットの興味を引きつけ、次へと読み進めてもらう。

 

人が忙しい中で時間を割いてまで、文章を読みたいと思うのは、

「これを読めば、欲しくてたまらなかった快楽を得られる方法があるかも知れない」

「いま抱えている痛みや悩みを解消できる方法があるかも知れない」

という期待感があるからということです。

そのベネフィットを得られる理由はなんなのか

結果を得られる具体的な理由を明示することが重要になり、商品の効果を実証するために必要なことは全て伝えましょう

ポイントは、ユーザー側に疑問を抱かせないこと。

あなたの商品によって得られる結果が、良いものであればあるほど、実証のパートは長くなる。しかし、どれだけ長くなっても、必要なことを全て説明しなければならないのです。

それは「安心」して買えるかどうか

その商品が価格に見合うだけの価値があるのかどうかということが知りたいので

  • 口コミ
  • 実績

などの要素を入れていきます。

魅力的なオファーをつける

魅力的なオファーとは?
  • 簡便性
  • 希少性
  • 特典
  • 保証

簡便性とは

簡便性には、全て素早く、簡単に、抱えている悩みや痛みを解消するという要素が含まれています。

希少性とは

魅力的なオファーを作るために、希少性は必要不可欠。

人は、数が少ないものに価値を感じるます。

希少性オファーとは?
  • 人数限定
  • 数量限定
  • 時間限定
  • 日数限定
  • 客層限定
  • 条件限定

特典とは

特典をつけることでオファーの価値が上がります。

保証とは

  • 保証について
  • 返金、返品保証
  • アフターサービス
  • サポート保証

まとめ:やっぱり【リサーチ】がめっちゃ重要

ユーザーの悩みは1つですが、悩みを解決する方法は複数あります。

その悩みをこの商品を活用して解決していくメリット、その理由がすごく重要でそれを伝えましょう。

 

そのためには【リサーチ】がめちゃくちゃ重要です。

 

商品分析も重要ですが、ユーザーの悩み・背景などをしっかりとリサーチしなければ

他サイトと同じような文章になってしまいますし、【売れる文章】にはなりません。

 

ここのリサーチをしっかりすることで、他サイトにはない記事をかけるようになりますし、訴求力が高い記事になるでしょう。

 

こちらの本にも詳しくポイントなどが記載されているのでよかったら参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

キーワードを決めて、記事作成するまでの具体的な流れについて

サイトアフィリにおいて、「サイト構成とキーワード」は非常に重要。しかし、アフィリエイトを始めたばかりの人を中心にやりがちな失敗があります。

それは、「記事設計」の方法です。

狙ったキーワードで上位表示させるためには、記事設計が非常に重要で、ページを上位表示させるため時に参考にして頂ければと思います。

検索意図を意識した記事設計をするためには?

ページを上位表示させるためには、ユーザーの検索意図を把握し、検索意図を踏まえて記事設計する必要があります。

その具体的な方法をまとめたいと思います。

適切なキーワード戦略を設計する

まず、トップページに表示させるための「キーワード」選定です。

関連キーワード選定ツールで狙うキーワードのサジェストを分析します。

調べると、サジェストが819ワードもありますね。まずは、この関連キーワードをどのようにグルーピングしていくかというのが、サイト設計になります。

「ニキビ」というキーワードで検索をする人は、いくつかのお悩み点で分類することができるのです。

ここでは、この中の効果・口コミに関する悩みで考えていきたいと思います。

主要キーワードに関連するキーワードを網羅的に洗い出す

ニキビというキーワードで上位表示させるワードの1つとして、効果・口コミがあります。

「ニキビ 効く」の関連ワードは、181ワードありますね。

 

このキーワードを分類していくと、

  • ニキビに効果のある化粧品が知りたい
  • ニキビを治すためのスキンケア方法が知りたい
  • ニキビに効果的な食べ物を知りたい

などがあります。

 

キーワードを分類する=ペルソナです。

上記のように解決したいお悩みがあって、そのキーワードで検索をしているので、同じ検索意図のキーワードのものはグルーピングしていきます。

そのグルーピングしたまとまりが、ペルソナという訳ですので、それに合わせて記事設計していきます。

サジェストワードだけでは記事は書けない

サジェストサイトだけでは、たいてい【売れないサイト】になってしまいます。

なぜかというと、機械的にサジェストワードを並べているだけであって、それだけでは検索意図を踏まえていると言えないからです。

重要なことは、訪問してくるユーザーが「どんな内容を伝えると」「どんなことを考えて」「何を知りたくなって」「どう行動したくなるのか」「それでユーザーの課題が解決できるのか」が重要です。

1つの記事で、ユーザーの知りたい情報を組み込んでいきましょう。

「ニキビ 効く」ユーザーの検索意図とサイト構成は?

記事設計をするために「ニキビ 効く」で検索するユーザーの検索意図を理解して、リサーチし、コンテンツの差別化を図ります。

ユーザー視点で良い記事を作るためには?

ユーザー視点で記事を作るためには、【リサーチ】が重要なポイントになってきます。

上位20サイトをチェックして検索意図を把握する

まずは、そのキーワードで表示される上位20サイトでチェックしましょう。

それぞれの記事で

  • hタグにはどのような内容が含まれているのか
  • 記事全体の内容

をさっと目を通して、その記事にどんなことが書かれているのかをチェックします。

 

「クレジット ランキング」と検索すると、上位10サイトは次のようなサイトが表示されます。

  • 価格.COM
  • ZAI ONLINE
  • 価格.COMマガジン
  • クレジットカード比較ガイド
  • クレジットカード比較SMART
  • hikaQ
  • ナビナビクレジットカード
  • クレジットカードおすすめ忍法帖
  • 1番得するクレジットカード徹底比較

また、「クレジット  おすすめ」と検索すると

  • ナビナビクレジットカード
  • ZAI OMLINE
  • クレジットカードDB
  • ノマド的節約術
  • 価格.COM
  • hikaQ
  • クレジットカードの読みもの
  • クレジットカード比較隊
  • 大人のクレジットカード

10位以内で、共通しているページは4つもありました。(重複入れると5つです。)

この結果からすると、クレジットカードに関しては「ランキング=おすすめ」と、少なくともGoogleは判断しているようです。

ランキングを調べたい人は、1位を知りたい訳です。

逆にいうと、クレジットカードのおすすめを知りたいということなのです。

ビッグワードで考えると、ドメインパワーや被リンク、運などが絡んでくると思いますが、2語キーワード、3語キーワードの場合は、検索結果が全てです。

上位表示されないということは、足りないキーワードがあるということになります。

Yahoo!知恵袋でユーザーのお悩み点を洗い出す

次に、Yahoo!知恵袋でユーザーのお悩み点を洗い出していきます。

ユーザーがどんな視点で、どんなことで悩んでいるのか、どのような情報を知りたいのかを調べるのです。

 

サジェストワードだけが、ユーザーの知りたい情報ではありません。

こちらのリサーチによって、ユーザーがどんなワードで調べているのかという点をしっかりと調べましょう。

ペルソナを設定する

上位20サイトのチェックと、Yahoo!知恵袋によって情報をインプットしたら、それを基にペルソナを設定しましょう。

記事設計するにあたって、

  • 情報のわかりやすさ
  • 情報の網羅性
  • 情報の質

が重要です。

 

ペルソナを設定することで、サジェストワード以外のキーワードを拾い上げることができ、それによって他のコンテンツとの差別化に繋がります。

 

まとめ

「ニキビ 効く」で上位表示させるためには、「ニキビ 効く」のサジェストワードを網羅した記事を設計する必要があります。

その中で、サジェストワードには表示されていないキーワードだけれども、上位表示させるために必要なキーワードがあることを知っていなければなりません。

そのキーワードを知るためには、リサーチが鍵を握っているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【アフィリエイト初心者必見】2ヶ月目の収入振り返り

特化型アフィリエイトを始めて2ヶ月が経ちました。

 

2ヶ月目のアフィリエイト結果をまとめたいと思います。

2ヶ月目のアフィリエイト結果は?

アフィリエイトを始めて2ヶ月が経ちました。

 

3月のアフィリエイトの成果はというと、

なんとか2ヶ月目にして、初報酬を獲得することができました!

 

1か月目に関しては

なかなか狙っていたキーワードで上位表示することができませんでした。

 

ページ数で考えると4ページ目とか。

 

2か月目にしてようやく狙ったキーワードで1ページ目に表示されるようになったことによって

アクセス数&クリック数が増え、初報酬へと繋がったと思います。

 

2か月目に意識したことは?

2か月目に意識したことは

①記事設計の徹底

②上位表示サイトの分析

③検索意図の分析

④「②」「③」を踏まえて、記事作成

です。

 

記事設計の徹底

まずは狙ったキーワードで上位表示させるために、どんなコンテンツを準備しなければならないのか

という記事設計を行いました。

上位表示サイトの分析

続いて上位サイトの分析です。

狙いたいキーワードで上位表示されるサイトに

どんなコンテンツが記載されているのかを分析しました。

 

上位20サイトまでを分析をしたと思います。

検索意図の分析

ユーザー側が何を知りたくてその検索ワードを叩いているのか。

そして、なぜ対象サイトが上位表示されているのかを分析しました。

記事の作成

上位表示されているサイトと、検索意図を分析をし、

どんな記事を作成しなければならないかが明確になります。

 

分析をもとに、サイトのコンテンツを考えて記事を作成しました。

 

サジェストだけでは、記事を書くことができません。

 

そこで、検索意図・ユーザー心理を基に

サジェストワード以外のキーワードも含めながら記事を作成しました。

 

上位表示される前提条件として

ユーザー側に有益な情報を与えるコンテンツであること

 

という点があるかと思います。

そのため、サジェストワード以外のキーワードを含めることで上位表示を狙いました。

 

まとめ

結果的に1ページ目に表示されるようになりました。

ここで

上記のポイントを踏まえて、上位表示がされないということは

記事設計上、不足しているポイントがあるのか、記事が検索意図と乖離しているのか

ということなので、Googleサーチコンソールをチェックしながら、PDCAを回していきました。

 

正直

まだまだボリュームが小さいゾーンでの上位表示です。

これからはさらに大きなボリュームを狙ったサイト設計をしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【アフィリエイト初心者必見】1ヶ月目の収入振り返り

先月から、特化型アフィリエイトを始めました。

1か月目のアフィリエイト結果を発表したいと思います。

 

僕は

ダイレクトマーケティング、Webマーケティング中心に仕事をしています。

 

1年間で10万円、アフィリエイト で稼ぐことができるのかを検証していくために始めました。

いろんなWebサイトを拝見すると、

 

  • 〇〇か月で月収〇〇万円
  • これから7.8桁目指します!!

 

のように結果が出ている記事が多いかと思います。

 

アフィリエイト 初心者の方にとっては、

雲の上の存在で参考にしづらい部分もあることも。。。

 

そこで

アフィリエイト初心者の方の参考にもして頂きたいので、

赤裸々に1か月目のアフィリエイト結果を発表したいと思います。

1ヶ月目のアフィリエイト 結果は?

早速、僕の1か月目のアフィリエイト 結果をまとめていきます。

記念すべき1か月目はこんな感じでした。

突発的にPV数が伸びた部分がありました。

しかしながら、ほとんど1桁台で推移。

 

その他のKPI関連は?

その他のKPI関連は以下のような感じです。

1か月目だったので目標は

  • 記事数
  • PV数

だけにしました。

100PVを目標にしていたので、なんとかそこはクリアしました。

 

しかし、思ったようにPV数は伸びていませんね。

アフィリエイト 1か月目の反省点は?

アフィリエイトを1か月目の反省点をまとめたいと思います。

記事数が圧倒的に少ない

圧倒的に記事数が少なかったです。

全然書けませんでした。

 

1日1記事を目標に掲げていたのですが、着地は4件です。

 

本業が忙しく、怠けてしまいました。

 

サイトの信頼度を上げるためには

ポイント
  1. 記事のアップデート頻度
  2. 記事自体が信頼性が高いか
  3. 検索意図に沿っているか

が重要になってきます。

 

どれも満たせていなかったです。

 

2か月目は
これらを反省して、ひたすら記事更新をしていきます。

アフィリエイト1か月間して意識したこと

アフィリエイトを1か月間続けてみて、意識したことはというと

SEO対策のためサイト設計

1つめは「SEOのためのサイト設計」です。

ターゲットを意識し、ユーザーの検索意図・ニーズを意識した

サイト設計を心掛けました

 

ほとんどの人が

  • キーワードプランナー
  • サジェストワード

をベースにして、サイトを作成しているかと思います。

 

例えば、「アフィリエイト」でサジェストワードを検索すると600以上あります。

初心者がやりがちなのが

1キーワードで1記事を書いてしまうこと

 

重複コンテンツになるので注意が必要かと思います。

 

僕はサジェストワードをカテゴリー別に分類・集約させました。

検索意図が同じものはなるべく1ページにまとめる

そうすると

 

  • 商品概要
  • 購入方法
  • 効果
  • 口コミ
  • 使用方法
  • 比較
  • 安全性・副作用

 

にカテゴライズ出来ます。

 

これが、ユーザーの検索意図ということです。

 

なので
それぞれの検索意図のペルソナに合う記事を書いていきました。

 

ポイントは
同じ検索意図のものは1ページにまとめるです。

重複コンテンツを回避しながら、

ペルソナが知りたい内容を記載するように心掛けました。

アフィリエイト2か月目の目標は?

1か月目の反省を活かして、アフィリエイト2か月目の目標はというと

  • 累計記事数:40記事
  • PV数:300PV

上記の目標をクリアしていきます。

 

まずは
記事の更新をひたすら頑張ります。

 

時間がない方は、クラウドワーカーに依頼するのも手段の1つですよね。

また、来月更新します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【2018年保存版】アクセスアップに使える!おすすめSEOツールまとめ

ひとつでも当てはまったらぜひご覧になって頂ければと思います!

 

Webサイト、ECを運営していると、こんな悩みを持っている方って多いと思います。

  • ネット経由のCVを上げたい
  • PV数を上げたい
  • サイトが上位表示ってどうするの?
  • アクセス解析の方法がわかならい

アクセスアップを目指すためには、何と言っても

ユーザーにWebページを見つけてもらう必要があります。

 

その方法はというと

  1. SEOでWebページを上位表示させる
  2. Web広告を運用する

です。

今回はSEOでWebページを上位表示させる方法で考えていきたいのですが、

上位表示させることって、非常に難しい。

 

上位表示させるためのポイントを知って、アクセス解析をしながら、

PDCAを回していく必要があります。

 

上位表示させるためのポイントと

無料で使えるSEOツールを紹介したいと思います!

 

SEOで上位表示をさせるためには?

まずは上位表示をさせるためのポイントを紹介します。

検索エンジンを知ること

まずは、検索エンジン(Google)を知ること。

どうやって検索順位が決定しているかというと、

Googleが定めたアルゴリズムをもとに検索順位が決定します。

そのポイントはというと、

  • コンテンツの質
  • 被リンク数

です。

ユーザーに質の高いコンテンツを提供するためにアルゴリズムが組まれていますので、

ユーザーが求めているコンテンツなのか、という点が非常に重要です。

 

詳しくはコチラを参考にしてください。

テキスト量は一定量を保つこと

コンテンツを構成しているテキスト量をある程度保ちましょう。

1つのコンテンツにつき、600字〜1500字を書くようにして、ユーザーに

コンテンツを発信していきましょう。

被リンク数を増やすこと

被リンクはまだまだ重要です。

被リンクとは、他のサイトや他のページにページのリンクを貼ってもらうことです。

 

これって、ユーザーが「役に立つからみんなに紹介しよう!」という行動心理のもと

行われる行為ですよね。

よって、『質の高いコンテンツ』と認識されるというわけですね。

『検索されているキーワード』をコンテンツに組み込むこと

ユーザーに知りたい内容が含まれていることを伝えるため、タイトルやディスクリプションに

キーワードを入れて、発信することが大切です。

特に、ユーザー側が検索しているリアルな『検索されているキーワード』を組み込むようにしましょう。

内部リンクの最適化をすること

内部リンクとは、サイト内を行き交うリンクのことです。

 

クローラーはページ内のリンクを辿りながらページを移動しインデックスしたり、

そのつながりを判断しページやサイトを評価。

 

内部リンクは、外部リンクとは違い完全に自分自身で設定が可能ですので、

訪問者だけでなくクローラーにとっても最適化した構造にすることが重要です。

 

アクセスアップのためのアクセス解析は必須

アクセスアップ、SEOで上位表示させるためには、アクセス解析をしながら

PDCAを回していくことが重要です。

無料で使える、SEOツールを紹介します。

emark+

活用シーン

  • ペルソナ設定のリサーチ
  • マーケットリサーチ
  • サイト訪問者のユーザー属性分析
  • 競合サイトのベンチマーク

emark+nによって、自サイト・競合サイトのサイト分析をすることが可能です。

bdb

活用シーン

  • ペルソナの属性分析
  • ペルソナのライフスタイル分析
  • ニーズ分析

マクロミルが提供する、bdbというツールによって

ペルソナ分析が可能です。

 

良質なコンテンツを作って、配信するためには、

まず、

  • 誰にコンテンツを届けたいのか
  • どんなニーズがあるのか

を知る必要があります。

emark+とbdbを活用して、コンテンツ作成のためのベースを作りましょう。

キーワードプランナー

活用シーン

  • マーケット規模分析
  • キーワードの検索ボリューム分析
  • 関連キーワードの分析

キーワードプランナーを活用して、そのキーワードがどのくらい検索されているのかをチェックしましょう。

aramakijake

活用シーン

  • 検索ボリューム分析

aramakijakeもキーワードプランナーと同様に、月間検索ボリュームを分析することができます。

比較的大きなマーケットにコンテンツを投下させる事が重要なので、狙っているキーワードが

どのくらいのボリュームなのかは把握しましょう。

ミエルカ

活用シーン

  • 共起語分析
  • ニーズ分析

共起語とは、対象キーワードに関連して検索されるワードをさします。

 

ミエルカは、関連キーワードを可視化する事ができて、どんなニーズがあるのかを

分析する事ができます。

Googleトレンド

活用シーン

  • 検索ボリューム分析
  • トレンド分析
  • キーワード選定

検索ボリュームはもちろんのこと、

どんなワードが流行しているのかというものを、最大値を100として表すことができます(Googleトレンド)。

SEOチェキ

活用シーン

  • ページ情報の確認
  • ページランク、インデックス数、被リンク数
  • キーワード出現頻度の分析

診断したいWebページのURLを入力することで、サイト全体の分析を可能にします(SEOチェキ)。

h1タグ、ディスクリプションタグ、検索キーワードなどSEO、アクセス解析に必要なデータを

ほぼ網羅している優良ツールです。

 

上記のツールを活用しながら、自サイトのどこが悪いのか?

改善点はどこなのか?

をチェックし、修正していきましょう。

 

まとめ

上位表示させるためには、アクセス解析をして

改善する必要があります。

 

ただ、良質なコンテンツを作るという点が前提にありますから、

ペルソナ設定とニーズ分析をしっかりとして、ペルソナが求めている

コンテンツは何なのかということを把握することが何よりも重要かと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

検索順位が上がる!Webプロモーション戦略 事例あり

グーグルの検索結果1ページ目のCTR(クリック率)ってどのくらいかご存知ですか?

なんと

全体の60%にも及ぶのです。

 

こんなデータがあります。

  • 検索結果の1ページ目の1番目(1位)に表示されているクリック率は「21.12%」で、
    2番目(2位)になると、ほぼ半分以下の「10.65%」のクリック率となります。
  • 1番目(1位)から10番目(10位)のクリック率を合計すると「57.79%」となり、
    何もクリックせずに検索終えたユーザーは約「30%」となります。
  • 1番目(1位)から10番目(10位)のサイトをクリックしたユーザーの中で、
    上位3サイトをクリックしたユーザーの割合は約「68%」となります。

参照:【2017年】Google検索順位別のクリック率データを発表!

 

順位が上がるプロモーション戦略とは?

つまり

検索結果1ページに表示されないと
記事を読まれる確率はほとんどなくなるということです。

 

どうすれば、検索順位を上げられるのか。

  • ターゲットが検索するキーワード選定をすること
  • ライバルメディアが少ない領域に表示させること

この2つが重要。

具体的なプロモーション戦略の方法を紹介します!

 

検索順位を上げるにはキーワード選定が重要!

読まれる記事とは何でしょうか?

それは

ユーザーの知りたい内容が書かれていること。

 

それを伝えるのは、タイトルです。

タイトルにユーザーが知りたいと思っている要素を散りばめめることが重要になります

検索上位を上げるには、ライバルメディアが少ない領域へアプローチすること

『ニキビ』のようなビッグワードでは、

そのキーワードで表示をさせたメディアはたくさんいます。

 

ライバルメディアが多いので、なかなか上位表示は難しい。

そこで
ライバルメディアが少なく、ニーズがある領域へプロモーションすることがポイントになってきます。

ニーズ分析はどうやるの?

その領域・ニーズはどのようにリサーチしていくのか。

『要素』と『お悩・ニーズ要素』を掛け合わせることで、

新しいニッチなニーズを考えていくのです。

『ニキビ』で連想するのは『顔ニキビ』のようなイメージ。

このプロセスによって

  • 背中ニキビ
  • お尻ニキビ

のようなニッチ市場を見つけることができます。

検索ボリュームを分析する

次に
その課題を感じているユーザーだったり

悩みを持っているユーザーがどのくらいいるのかを分析します。

 

Googleが提供している『キーワードプランナー』を活用して分析しましょう。

『背中ニキビ』でリサーチすると
月間の検索ボリュームが1万〜10万件ということがわかってきました。

『Aramakijake』というツールでも
月間検索ボリュームが分かります。

大体、
4万〜5万件ほどありますね。

 

この数というのが
ニーズの大きさなので、ニッチワードでボリュームがあるマーケットを探し出しましょう

※僕は1万以上あればそのマーケットを狙っていきます。

 

検索順位を上げるには『共起語』を狙え!

共起語とは?

共起語分析で、関連語の選定を実施します。

共起語とは、あるキーワードが含まれた文章コンテンツの中に、

そのキーワードと一緒に頻繁に出てくる単語のことです。

たとえば、「たらこスパゲティ」というキーワードなら、

「レシピ」「簡単」「作り方」が同じ文章の中に出てくる可能性が

高い単語として位置づけられます。

共起語分析は『ミエルカ』を使う

『背中ニキビ』の共起語を分析していきます。

ミエルカというツールを使って分析すると

こんな感じです。

  • 円の大きさ:検索ボリューム
  • 対象キーワードとの距離:関連性

を表しています。

 

これで見ると

『背中ニキビ』で悩んでいる人は、

関連語として『結婚式』というワードで検索していることがわかりました。

結婚式で着るドレスは、背中を露出するから
「背中を綺麗にしたい!」というニーズがあるということですね。

検索意図が分かったら、記事作成を!

ユーザーの検索意図が分かったら、記事を起こしていきます。

『背中ニキビ 結婚式』というキーワードをもとに、

  1. ユーザーがどんなことで悩んでいるのか
  2. どんなことを解決したいのか
  3. どんなことを知りたいのか

ということを踏まえてコンテンツを作成していくのです。

 

まとめ:ペルソナ設定がやっぱり重要

以上のような流れで、ニーズ分析をして
検索順位を上げるようなコンテンツを考えていきます。

その中で重要なのが
やっぱり、ペルソナ設定の設定。

誰がメインターゲットであるかということです。

 

競合サイト分析で、

  • どんなユーザーがそのコンテンツを読んでいるのか
  • コンテンツを誰に届けたいのか

をしっかりと考えることから始まるんですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

ECサイトの売上を伸ばすための秘訣を教えちゃいます塾:コピーライティング編

ECサイトでの売上を伸ばすためにはどうすれば良いのか?

プレイヤーも増えている中で、他社に負けない価値を出すためには?

これからは、EC業界関連の記事を増やしていって、その中で「どうやったら売上が伸びるのだろうか?」とか「EC業界の最新情報」とかを考えていけたらと思います。

 

ユーザーに選んでもらうための要素は『タイトル』『写真』『説明文』だ!

EC業界は今や14兆円規模の市場規模になりました。

同時に、通販業者も増えており、自社商品が「埋めれちゃう」ということもしばしば。

「他社に負けないバリューをユーザー側に植え付けるためにはどうすれば良いのか?」という課題を誰もが抱いているでしょう。

そう思っている中で、興味深かった記事はこちら

(新規を含む)集客とリピート率を上げるの2つ側面に関して、施策が違う。

新規を含む集客という側面において、ユーザー側を引き込むためのポイントは大きく分けて3つであると思いました。

  1. タイトル
  2. 写真
  3. 説明文

1.タイトルについては

商品名を分かりやすく、シンプルに伝えることができること。

 

2.写真

商品の詳細内容やイメージを抱かせることができること。

 

3.説明文

分かりやすく、シンプルで読みやすいこと。説明文はタイトルと同様にユーザーを引きつけるための重要な要素の1つです。

如何にユーザー側に「買いたい」「欲しい」と思わせることができるか。

説明文は、キャッチコピーと同様で「次の文を読ませるため」に存在する文です。

 

商品の独自性を確立して、差別化を図るのも重要なポイント。

一方で、モノが溢れている時代の中で、「価格」「種類」「流通」「納期」などの面で競争しがちですが、

『ストーリー』を語ることで、ブランド力を確立し、ブルーオーシャンを作り出すことが究極の目標かと。

 

そのためには、『タイトル』『写真』『説明文』でストールをイメージさせるようにすることが重要なのかなと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

Webでのブランディングの秘訣はユーザーに「良い体験」を提供できるかどうか

ブランド力を高めたい

Webを使ったブランディングを実践したい

そもそもブランド力を高めるためにはどうすれば良いのか。人はどのようにしてそのサービスに行き着くのか

そんな疑問・課題に答えてくれる記事がこちらだと思ったので、紹介します。

 

ブランディングの極意は、「良い体験」を与えること。顧客をそのサービスに結び付けるためするべきこととは?

こちらは、スターバックスジャパンの長見氏とオイスックスの奥谷氏による対談。

ブランディングをする上で、覚えて置きたいポイントはこちら

  • 果物を売る例えより、お客さんに食べさせる(良い体験)ことがブランドを結び付ける近道
  • 顧客体験が、論理・機能・情緒をすっ飛ばして一気にブランドに結び付ける可能性がある
  • ブランドでの体験の積み重ねが、信用力に結びつく

では、Webを活用したブランディング戦略を立てるポイントは何なのか?

それは、ブランドを信用してくれているエバンジェリストの活用です。

あるストック型のコンテンツを用意しておいて、実際にそれを使ってもらい、その体験談や感想を他の人に伝えていくという方法。

Webでのブランディング戦略において、サービス(コンテンツ)を使ってもらう、つまりwith Customerという点が重要であるということ。

デジタルでは如何にして『きっかけ』を作るかが、ブランディング戦略を成功に導くかの鍵を握っているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

初心者が押さえるべきSEOに強いサイトを作る時の考え方

『いちばんやさしい新しいSEOの教本』(安川洋、江沢真紀、村山佑介著、インプレスジャパン)を読みました。

今まで、SEOとは外的なテクニックを活用することを指しているのかと思いました。

how-to-seo

しかし、この本を読んで、それが間違いであることに気づきましたし、本質的な部分は自分が運営しているWebサイトを客観的に見つめることが重要であることが理解できました。

そんな中、この記事では、SEOを実施する上で、根本的な部分は何かということを理解できればと思います。

 

サイト運営の目的を明確にする

サイトを運営する目的をすぐに答えることができますか?

例えば、『◯◯カフェ』のサイトを例にして、サイト運営の目的を考えると

  • たくさんの人にWebサイトをみてもらいたい
  • 『◯◯カフェ』の存在を知らせたい
  • 『◯◯カフェ』に来たいと思った人に迷わず来て欲しい
  • どんなメニューがあるのかを知らせたい
  • 渋谷のカフェを探している人に来てもらいたい
  • お店の最新情報を見てもらいたい

 

これらのサイト運営に対して、訪問者がどういった行動を取る必要があるのかということを考えていきます。

  • たくさんの人にWebサイトをみてもらいたい:サイトに来訪
  • 『◯◯カフェ』の存在を知らせたい:「カフェ ◯◯」の2語を含むキーワードでサイトに来訪してもらう
  • 『◯◯カフェ』に来たいと思った人に迷わず来て欲しい:トップページに来訪してもらい、地図ページを閲覧してもらう
  • どんなメニューがあるのかを知らせたい:サイトに来訪してもらい、メニューページを見てもらう
  • 渋谷のカフェを探している人に来てもらいたい:「カフェ 渋谷」の2語を含むキーワードでサイトに来訪してもらう
  • お店の最新情報を見てもらいたい:お店の最新情報ページを見てもらう。トップページからの場合もあるが、ソーシャルメディアなどからの来訪もある

サイト運営の目的に対して、ユーザー側にとってもらいたい行動というものがあります。

そして、運営側はその行動をしてもらうために必要なWebサイトのページの構築とコンテンツの発信が必要になるのです。

 

また、「どういった状態になれば、目標達成なのか」という点を明確にできるように、数値目的を設定の上、日々PDCAサイクルを回して、今後のアクションプランを考えていく必要があります。

 

ペルソナ設定でどんな人にサイトを見てもらいたいのかを考える

どんな人にWebサイトを見てもらいたいのかを明確にします。

なぜなら、見込み客がどんな人なのかが分からなければ、(潜在的な)ニーズを理解することができません。「渋谷のカフェに行きたい」というニーズがあったとします。

 

しかし、Webサイト上には、コーヒーの知識などの情報しか載っていなければ、「渋谷のカフェに行きたい」というニーズを満たすことができません。

 

まずは、サービスを求めているの誰なのか。ということを明確にした上で、そのメインユーザーが抱くニーズを踏まえながら、コンテンツを考える必要があります。

ペルソナ設定をするには

  1. 性別
  2. 年齢
  3. 趣味
  4. 行動/習慣
  5. 価値観
  6. 人間関係
  7. 特徴
  8. ライフスタイル

を意識しながら、

「その人ならどのように行動するのか」「どのように思うのか」「どんなことに興味を示してくれるのか」といったように、顧客視点で物事を分析することができるようになります。

 

Webサイトを見る目的は何なのかを明確にする

顧客心理・顧客行動を考えるということです。

『渋谷 カフェ』で検索している人は何を求めているのでしょうか。行きつけのカフェであれば、恐らく、店名で検索するはずです。

『渋谷』の『カフェ』でどこか良いところがないかを探しているということが仮説として挙げられます。

 

したがって、『渋谷 カフェ』で検索するなら、渋谷のカフェが一覧になっているサイトが上位に来るはずで、実際にそうなっているでしょう。

 

それを踏まえて、自分のお店に来たいというお客さんは「何を」求めて来るのか、「なぜ」来るのかを考えて、顧客心理・顧客行動を考え、そのニーズを満たすコンテンツを発信する必要があります。

 

まとめ

うやむやにサイトのコンテンツを充実させることで、ロングテールを意識して、サイトの来訪者を上げることはできると思いますが、それと比例してコンバージョンが上がるとは限りません。

キーワードで検索するということは、ユーザー側は何らかの解決したいことを抱いていて、それが検索結果に表れます。

 

その『解決したいこと』を読み解くことが必要であり、それを実施するために、「どんな人がWebサイトを見るのか」ということをはっきりさせ、顧客心理を掴んでいくことが重要です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アクセスアップを実現するために必要な文章術のポイント5つ

自分の書いた文章は最後まで読んでもらいたいと思いませんか?

しかし、読者側は最後まで読まずに、次の記事に目を通したり、別なサイトに移ってしまいます。

では、最後まで文章を読み進めるかどうかについて、どこで判断しているのでしょうか?

 

それは、第1文、第2文といった冒頭部分です。

 

それならば、魅力的な冒頭文を書けるようになれば、最後まで文章を読んでもらう確率は高くなるし、魅力的な文章になる。それでは、魅力的な文章を作成するためには、どうすれば良いのか考えてみたいと思います。

 

1.疑問文を投げかける

疑問文には、強力なパワーが秘められています。

なぜ、疑問文にすることで、次の文章を読みたいと思わせることができるのか。

それは、疑問文によって読者は、その疑問文に対する答えを探そうとする感情が生まれるからです。

 

ポイントは、疑問文を第1センテンスに導入するということ。

 

そして、その答えを記事で答えていきます。理想的なのは、記事全体がその疑問に対する答えのような内容にするということです。

疑問文が好奇心を抱かせるような文章であるほど、効果的でしょう。

 

2.読者に想像させる

文章を読むことで、どういうことなのかを相手に想像させることです。

例えば

  • 「◯◯◯◯を想像してみてください。」
  • 「もし、◯◯◯◯ならどうでしょうか?」
  • 「◯◯◯◯だった頃を覚えていますか?」
  • 「これは、久しぶりにワクワクした」

少し、直接的かもしれませんが、ポイントは『相手に、すでにサービスを利用しているような感覚をイメージさせる』ことです。

有名な話が

「ステーキを売るな!シズルを売れ」

つまり、ジュージューという肉を焼く音をユーザーに伝えることで、想像させることが大切であるということ。

人間が持っている、感覚器官をフルに活用して伝えてみましょう。

 

3.ストーリーを使う

あなたは、ドラマを見たことがありますか?

映画もそうですが、長時間画面にしがみついてしまいますよね。

それくらい、ストーリーには力があるということです。

 

『ステーキ』という最終的な商品を売るときに関しても、誰がつくったのか、牛はどんな牛なのか、これをつくった経緯は何なのかなどを説明するなど、そのサービスの過程を話すことで、人間を動かしたり、説得力を増す文章が作成できるようになります。

 

4.比喩を使う

たとえ話、比喩もまた想像力を駆り立てる手段の1つです。比喩を使うことによって、短い文章でも、読み手側に伝えたい内容を具体的に想像させることができ、伝わりやすくなります。

また、画像などを挿入することで、同じような結果を得ることができます。

 

5.ニュースと関連づける

話題になっているニュースなどと関連付けることで、読者を引き寄せることもできるでしょう。ニュースと記事がどのように関連づいているのかを説明しましょう。

 

まとめ

読者に最後まで文章を読んでもらうために、冒頭部分を工夫するという考え方を紹介しました。

読者が、記事を探して、読むべきかどうかを判断する時間は、ほんの数秒です。

その数秒のうちに、「読みたい」と思わせるためには、戦略的にユーザー側に記事を読んでもらうためにはどうすれば良いのか。

それは、『相手目線で書く』ということに尽きると思います。

例えば、暖かいコートを販売するとしたら、「このコートは、雨も風も寒さも防げます」ではなく、「このコートを着れば、どれだけ寒い冬でも、ぬくぬくです。」と書いた方が、読み手は自分のこととしてイメージしやすくなる

良いコピーは、読者に「これは自分のことについて言われている」と当事者意識を持たせることによって、読者の感情を刺激する。従って、徹底的に読者目線で書くようにしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0