アフィリエイト

キーワードを決めて、記事作成するまでの具体的な流れについて

サイトアフィリにおいて、「サイト構成とキーワード」は非常に重要。しかし、アフィリエイトを始めたばかりの人を中心にやりがちな失敗があります。

それは、「記事設計」の方法です。

狙ったキーワードで上位表示させるためには、記事設計が非常に重要で、ページを上位表示させるため時に参考にして頂ければと思います。

検索意図を意識した記事設計をするためには?

ページを上位表示させるためには、ユーザーの検索意図を把握し、検索意図を踏まえて記事設計する必要があります。

その具体的な方法をまとめたいと思います。

適切なキーワード戦略を設計する

まず、トップページに表示させるための「キーワード」選定です。

関連キーワード選定ツールで狙うキーワードのサジェストを分析します。

調べると、サジェストが819ワードもありますね。まずは、この関連キーワードをどのようにグルーピングしていくかというのが、サイト設計になります。

「ニキビ」というキーワードで検索をする人は、いくつかのお悩み点で分類することができるのです。

ここでは、この中の効果・口コミに関する悩みで考えていきたいと思います。

主要キーワードに関連するキーワードを網羅的に洗い出す

ニキビというキーワードで上位表示させるワードの1つとして、効果・口コミがあります。

「ニキビ 効く」の関連ワードは、181ワードありますね。

 

このキーワードを分類していくと、

  • ニキビに効果のある化粧品が知りたい
  • ニキビを治すためのスキンケア方法が知りたい
  • ニキビに効果的な食べ物を知りたい

などがあります。

 

キーワードを分類する=ペルソナです。

上記のように解決したいお悩みがあって、そのキーワードで検索をしているので、同じ検索意図のキーワードのものはグルーピングしていきます。

そのグルーピングしたまとまりが、ペルソナという訳ですので、それに合わせて記事設計していきます。

サジェストワードだけでは記事は書けない

サジェストサイトだけでは、たいてい【売れないサイト】になってしまいます。

なぜかというと、機械的にサジェストワードを並べているだけであって、それだけでは検索意図を踏まえていると言えないからです。

重要なことは、訪問してくるユーザーが「どんな内容を伝えると」「どんなことを考えて」「何を知りたくなって」「どう行動したくなるのか」「それでユーザーの課題が解決できるのか」が重要です。

1つの記事で、ユーザーの知りたい情報を組み込んでいきましょう。

「ニキビ 効く」ユーザーの検索意図とサイト構成は?

記事設計をするために「ニキビ 効く」で検索するユーザーの検索意図を理解して、リサーチし、コンテンツの差別化を図ります。

ユーザー視点で良い記事を作るためには?

ユーザー視点で記事を作るためには、【リサーチ】が重要なポイントになってきます。

上位20サイトをチェックして検索意図を把握する

まずは、そのキーワードで表示される上位20サイトでチェックしましょう。

それぞれの記事で

  • hタグにはどのような内容が含まれているのか
  • 記事全体の内容

をさっと目を通して、その記事にどんなことが書かれているのかをチェックします。

 

「クレジット ランキング」と検索すると、上位10サイトは次のようなサイトが表示されます。

  • 価格.COM
  • ZAI ONLINE
  • 価格.COMマガジン
  • クレジットカード比較ガイド
  • クレジットカード比較SMART
  • hikaQ
  • ナビナビクレジットカード
  • クレジットカードおすすめ忍法帖
  • 1番得するクレジットカード徹底比較

また、「クレジット  おすすめ」と検索すると

  • ナビナビクレジットカード
  • ZAI OMLINE
  • クレジットカードDB
  • ノマド的節約術
  • 価格.COM
  • hikaQ
  • クレジットカードの読みもの
  • クレジットカード比較隊
  • 大人のクレジットカード

10位以内で、共通しているページは4つもありました。(重複入れると5つです。)

この結果からすると、クレジットカードに関しては「ランキング=おすすめ」と、少なくともGoogleは判断しているようです。

ランキングを調べたい人は、1位を知りたい訳です。

逆にいうと、クレジットカードのおすすめを知りたいということなのです。

ビッグワードで考えると、ドメインパワーや被リンク、運などが絡んでくると思いますが、2語キーワード、3語キーワードの場合は、検索結果が全てです。

上位表示されないということは、足りないキーワードがあるということになります。

Yahoo!知恵袋でユーザーのお悩み点を洗い出す

次に、Yahoo!知恵袋でユーザーのお悩み点を洗い出していきます。

ユーザーがどんな視点で、どんなことで悩んでいるのか、どのような情報を知りたいのかを調べるのです。

 

サジェストワードだけが、ユーザーの知りたい情報ではありません。

こちらのリサーチによって、ユーザーがどんなワードで調べているのかという点をしっかりと調べましょう。

ペルソナを設定する

上位20サイトのチェックと、Yahoo!知恵袋によって情報をインプットしたら、それを基にペルソナを設定しましょう。

記事設計するにあたって、

  • 情報のわかりやすさ
  • 情報の網羅性
  • 情報の質

が重要です。

 

ペルソナを設定することで、サジェストワード以外のキーワードを拾い上げることができ、それによって他のコンテンツとの差別化に繋がります。

 

まとめ

「ニキビ 効く」で上位表示させるためには、「ニキビ 効く」のサジェストワードを網羅した記事を設計する必要があります。

その中で、サジェストワードには表示されていないキーワードだけれども、上位表示させるために必要なキーワードがあることを知っていなければなりません。

そのキーワードを知るためには、リサーチが鍵を握っているということです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【アフィリエイト初心者必見】2ヶ月目の収入振り返り

特化型アフィリエイトを始めて2ヶ月が経ちました。

 

2ヶ月目のアフィリエイト結果をまとめたいと思います。

2ヶ月目のアフィリエイト結果は?

アフィリエイトを始めて2ヶ月が経ちました。

 

3月のアフィリエイトの成果はというと、

なんとか2ヶ月目にして、初報酬を獲得することができました!

 

1か月目に関しては

なかなか狙っていたキーワードで上位表示することができませんでした。

 

ページ数で考えると4ページ目とか。

 

2か月目にしてようやく狙ったキーワードで1ページ目に表示されるようになったことによって

アクセス数&クリック数が増え、初報酬へと繋がったと思います。

 

2か月目に意識したことは?

2か月目に意識したことは

①記事設計の徹底

②上位表示サイトの分析

③検索意図の分析

④「②」「③」を踏まえて、記事作成

です。

 

記事設計の徹底

まずは狙ったキーワードで上位表示させるために、どんなコンテンツを準備しなければならないのか

という記事設計を行いました。

上位表示サイトの分析

続いて上位サイトの分析です。

狙いたいキーワードで上位表示されるサイトに

どんなコンテンツが記載されているのかを分析しました。

 

上位20サイトまでを分析をしたと思います。

検索意図の分析

ユーザー側が何を知りたくてその検索ワードを叩いているのか。

そして、なぜ対象サイトが上位表示されているのかを分析しました。

記事の作成

上位表示されているサイトと、検索意図を分析をし、

どんな記事を作成しなければならないかが明確になります。

 

分析をもとに、サイトのコンテンツを考えて記事を作成しました。

 

サジェストだけでは、記事を書くことができません。

 

そこで、検索意図・ユーザー心理を基に

サジェストワード以外のキーワードも含めながら記事を作成しました。

 

上位表示される前提条件として

ユーザー側に有益な情報を与えるコンテンツであること

 

という点があるかと思います。

そのため、サジェストワード以外のキーワードを含めることで上位表示を狙いました。

 

まとめ

結果的に1ページ目に表示されるようになりました。

ここで

上記のポイントを踏まえて、上位表示がされないということは

記事設計上、不足しているポイントがあるのか、記事が検索意図と乖離しているのか

ということなので、Googleサーチコンソールをチェックしながら、PDCAを回していきました。

 

正直

まだまだボリュームが小さいゾーンでの上位表示です。

これからはさらに大きなボリュームを狙ったサイト設計をしていきたいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【アフィリエイト初心者必見】1ヶ月目の収入振り返り

先月から、特化型アフィリエイトを始めました。

1か月目のアフィリエイト結果を発表したいと思います。

 

僕は

ダイレクトマーケティング、Webマーケティング中心に仕事をしています。

 

1年間で10万円、アフィリエイト で稼ぐことができるのかを検証していくために始めました。

いろんなWebサイトを拝見すると、

 

  • 〇〇か月で月収〇〇万円
  • これから7.8桁目指します!!

 

のように結果が出ている記事が多いかと思います。

 

アフィリエイト 初心者の方にとっては、

雲の上の存在で参考にしづらい部分もあることも。。。

 

そこで

アフィリエイト初心者の方の参考にもして頂きたいので、

赤裸々に1か月目のアフィリエイト結果を発表したいと思います。

1ヶ月目のアフィリエイト 結果は?

早速、僕の1か月目のアフィリエイト 結果をまとめていきます。

記念すべき1か月目はこんな感じでした。

突発的にPV数が伸びた部分がありました。

しかしながら、ほとんど1桁台で推移。

 

その他のKPI関連は?

その他のKPI関連は以下のような感じです。

1か月目だったので目標は

  • 記事数
  • PV数

だけにしました。

100PVを目標にしていたので、なんとかそこはクリアしました。

 

しかし、思ったようにPV数は伸びていませんね。

アフィリエイト 1か月目の反省点は?

アフィリエイトを1か月目の反省点をまとめたいと思います。

記事数が圧倒的に少ない

圧倒的に記事数が少なかったです。

全然書けませんでした。

 

1日1記事を目標に掲げていたのですが、着地は4件です。

 

本業が忙しく、怠けてしまいました。

 

サイトの信頼度を上げるためには

ポイント
  1. 記事のアップデート頻度
  2. 記事自体が信頼性が高いか
  3. 検索意図に沿っているか

が重要になってきます。

 

どれも満たせていなかったです。

 

2か月目は
これらを反省して、ひたすら記事更新をしていきます。

アフィリエイト1か月間して意識したこと

アフィリエイトを1か月間続けてみて、意識したことはというと

SEO対策のためサイト設計

1つめは「SEOのためのサイト設計」です。

ターゲットを意識し、ユーザーの検索意図・ニーズを意識した

サイト設計を心掛けました

 

ほとんどの人が

  • キーワードプランナー
  • サジェストワード

をベースにして、サイトを作成しているかと思います。

 

例えば、「アフィリエイト」でサジェストワードを検索すると600以上あります。

初心者がやりがちなのが

1キーワードで1記事を書いてしまうこと

 

重複コンテンツになるので注意が必要かと思います。

 

僕はサジェストワードをカテゴリー別に分類・集約させました。

検索意図が同じものはなるべく1ページにまとめる

そうすると

 

  • 商品概要
  • 購入方法
  • 効果
  • 口コミ
  • 使用方法
  • 比較
  • 安全性・副作用

 

にカテゴライズ出来ます。

 

これが、ユーザーの検索意図ということです。

 

なので
それぞれの検索意図のペルソナに合う記事を書いていきました。

 

ポイントは
同じ検索意図のものは1ページにまとめるです。

重複コンテンツを回避しながら、

ペルソナが知りたい内容を記載するように心掛けました。

アフィリエイト2か月目の目標は?

1か月目の反省を活かして、アフィリエイト2か月目の目標はというと

  • 累計記事数:40記事
  • PV数:300PV

上記の目標をクリアしていきます。

 

まずは
記事の更新をひたすら頑張ります。

 

時間がない方は、クラウドワーカーに依頼するのも手段の1つですよね。

また、来月更新します!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0