インバウンド戦略

1/3ページ

YOKOS会議を開催!横須賀市が抱える問題を解決するためにはインバウンド需要の取り込みが必要不可欠だ

先日、東京でYOKOS会議が行われたとのこと。 これからどう変わっていくのか楽しみ! / 観光で人口のV字回復できるのか?横須賀市長の挑戦 (DiGJAPAN!)https://t.co/SuI57C7oHE#NewsPicks — Ryota (@chanryo22) 2016年7月30日 YOKOS会議が開催された背景には、横須賀市が抱える問題を解決していこうというもの。 その問題点というのは […]

テンセントが訪日中国人の囲い込みのためにWe Chatの広告サービスを提供することで日本企業は何が変わるのか

中国のインターネットサービス大手であるテンセントが日本企業向けに広告サービスを提供すると発表。 テンセント、中国人訪日客に広告:日本経済新聞 https://t.co/UhLo5QIE9Z — Ryota (@chanryo22) 2016年7月27日 訪日中国人の囲い込みが背景にあり、テンセントが提供するSNS「We Chat」などへの広告出稿が今後可能になってくる。 これによって日本企業へのメ […]

京都市への外国人宿泊者が300万人を超え!今後さらに訪日外国人数を伸ばしていくには?

2015年の京都市に宿泊した外国人観光客数が316万人となり、300万人を突破(前年比7割増)。 うち、中国人観光客数は65万人であり、前年の宿泊者数の2.7倍にまで上昇した。 外国人宿泊客数が前年比7割増の300万人を超えた。 これは、2020年の目標であった300万人突破を5年前倒しで達成したということ。 日本の強みは、京都のように昔ながらの文化は風景が残っていて、そ…https: […]

イギリス人アナリストから学ぶ、インバウンド戦略について

元ゴールドマン・サックスであるデービッド・アトキンソン氏著の『イギリス人アナリストだからわかった日本の「強み」「弱み」』を読みました。 結論から言うと、日本のインバウンド需要はまだまだ見込める。 本の内容と、インバウンド需要を最大化するための方針について考えます。   日本の強みは「人口が多い」ということ 日本は、小さな国ということもあり、人口が多いということに関しては、日本人である僕た […]

地方創生は、イタリアに学べ。地方発プロダクトの海外展開が世界を代表する街づくりのポイントになる

この記事は、地方創生を考える上で面白い視点を与えてくれます。 メモメモ。 大前氏「日本の地方はイタリアの村を見よ!」 #SmartNewshttps://t.co/PrBSG6Jrjy — Ryota (@chanryo22) 2016年6月5日 イタリアには、1500億円を稼ぐ小さな村がたくさんあるとのこと。 その理由は何なのか。 そして、日本に当てはめて考えるとどうなのかを考えてみたい。 &n […]

Twitterで訪日外国人のホンネを分析:SNSに投稿されるコンテンツには共通点があるのか?

Twitterで投稿された28万件のツイートを分析して、訪日外国人に人気な本当に人気のある観光スポットについてまとめた記事がありました。 ツイッター28万件解析から見えた訪日外国人“本音”のランキングTOP10 もはや「渋谷交差点」は観光地だhttps://t.co/HYW1W0G6Ej#NewsPicks — Ryota (@chanryo22) 2016年4月10日 全体の77%が中国人の投稿 […]

世界のインターネット・SNSの利用状況まとめ:福岡の商店街で『微信』を活用したインバウンド戦略を展開

ソーシャル・コンサルティング企業の『We Are Social』から最新のインターネット・SNSの調査報告が出ました。(参照:『2016年・最新の統計情報から見る、世界のネット・SNSの利用状況』) ネット・SNS利用率が上昇し、企業側もインターネット・SNSを活用したマーケティング活動は重要である。 それは、インバウンド戦略に関しても同じことが言える。 2015年の訪日外国人数は、約1970万人 […]

訪日中国人を取り込んだインバウンド戦略:茨城空港の利用者を増やすポイントとは?

日本各地、訪日外国人による観光で賑わっている。 2015年は、1970万人もの外国人観光客が日本を訪れてくれました。 特に、訪日中国人数が、増加し、『爆買い』というワードも話題を呼んだと思います。 今回のテーマは、地方空港。 地方空港というと、赤字体質から抜けきれず、常に存続を危ぶまれているという認識を持っている方々も少なくありません。 「静岡空港」「茨城空港」など、地方空港が訪日外国人を取り入れ […]

インバウンドビジネス:スマホで同時通訳と微信で集客。インバウンド重要の取り込みは、プロモーションだけで十分なのだろうか。

東芝は、インバウンド需要を取り込むのためのビジネス支援として、サービスを提供し始めました。 それは、情報通信技術を活用して、商業施設などでの集客・接客サポートをする、『トータルインバウンドサービス』を銘打って売り込んでいます。(参照:『福岡天神、スマホで同時通訳 SNS「微信」で集客』) 客がスマホに中国語で「コインロッカーはどこにありますか?」などと聞きたいことを吹き込むと、画面に日本語で吹き込 […]

訪日中国人の消費行動が「モノ消費」から「コト消費」へ:消費ニーズの分析からマーケット感覚を身につけよう

2015年の流行語大賞になった「爆買い」 2月7日〜13日は、中国の春節にあたり、たくさんの訪日中国人で、賑わっている。   百貨店や家電量販店、ドラッグストアなどでの「爆買い」に目を奪われがちだが、今回の消費傾向には、ある特徴があるという。   それは、「モノ消費」から「コト消費」へと、消費行動が移行しているとのことです。 (参照:『中国人訪日客の消費動向 「爆買い」から体験 […]

1 3