時々役に立つブログ

クックパッドが新メディア『くらしのきほん』を立ち上げた理由は何か

time 2015/07/06

クックパッドが新メディア『くらしのきほん』を立ち上げた理由は何か

クックパッドは、暮らしに役立つメディア『くらしのきほん』をオープンさせました。(参照:『松浦弥太郎氏がクックパッドから発信! 気づき&考えるWebメディア「くらしのきほん」』)

コンセプトは、『基本の発見』。「あなたの暮らしがもっと楽しくなる」というメッセージを発信していき、ユーザーに暮らしの役に立つコンテンツを発信させていくでしょう。

編集には、約9年間にわたり『暮らしの手帖』の編集長をつとめていた松浦弥太郎氏が手がけています。

オウンドメディアのメリットと、『くらしのきほん』という新メディアが登場したことによって、どうなるのかということを考えていきたいと思います。

 

sponsored link

なぜ、『くらしのきほん』を立ち上げたのか?

なぜ、クックパッドはメディア『くらしのきほん』を立ち上げたのか?

それは、オウンドメディアとそれを利用したときのメリットを考えることが大切。

オウンドメディアとは、企業が(潜在的な)お客さんに対して、発信していくメディアのことです。Webサイト、ブログ、自社所有のサイトなどが挙げられます。

オウンドメディアを活用することで、何が得られるのか?僕は以下の要素が重要であると考えました。

  1. 顧客の多様性に訴求できる
  2. ストーリー戦略でファンを獲得できる
  3. お客さんのニーズの顕在化
  4. コンテンツ資産が最強の武器になる
  5. アクセス解析によって今後のアクションプランを構築できる
  6. サービスのブランディング化

1.お客さんの多様性に訴求できる

今までは、マス広告によって、マジョリティーに対してプロモーションすることができましたが、顧客層の多様化を背景に、ひとりひとりに適したプロモーションが求められます。

オウンドメディアによる情報の発信は、顧客とのダイレクトな関係性を築くのには最適なメディアでしょう。

 

2.ストーリー戦略でファンを獲得できる

何度もサービスを購入してくれるお客さんを育むためには、継続的に訪問したくなるストーリー戦略が重要です。

オウンドメディアは、ユーザーを引きつける長期的なストーリー戦略が描きやすく、継続的に高い付加価値を生むコンテンツを発信するのに、最適な媒体です。

ユーザーとの間に、『理解』『安心』『期待』『共感』『意外性』『ストーリー』を共有し、信頼関係を構築することで、ユーザーをファンかさせる働きがあります。

 

3.お客さんのニーズの顕在化

多くの人が、「自分が何を求めているのか」「自分が何を買いたいと思っているのか」について答えられないと思います。つまり、人は潜在的なニーズを持っているということです。

オウンドメディアは、その潜在的なニーズを呼び起こし、お客さんへと導いてくれる働きをしてくれます。

 

4.コンテンツ資産が最強の武器になる

オウンドメディアの利点は、コンテンツを蓄積することができるということです。

また、ソーシャルメディアとの親和性も高く、シェアされることでSEO的なメリットを発揮します。

仮説と振り返りを繰り返し、ユーザーが求めているコンテンツを作り上げることで、顧客化を図り、ユーザー間とのコミュニケーションをしていく上で、強力な存在となっていくでしょう。

 

5.アクセス解析によって今後のアクションプランを構築できる

サイトのアクセス解析をすることで、「どのようにサイトに辿りについたのか」「どんなコンテンツを見ているのか」「どんなコンテンツは読まれないのか」という情報がわかってきます。

ポイントを明確にすることで、サービスをどのように作り変えていったら良いのか、どんなコンテンツを増やせばよいのかなどユーザービリティを向上させる行動を実施することができます。

 

6.サービスのブランディング化

インターネット、スマートフォンの普及によって、情報やモノが溢れています。

その中で、サービスに付加価値をつけて、提供しようにも、競合他社との差別化が図れず、お客さんに伝えることが難しくなる場面もしばしばあるかと思います。

オウンドメディアは、ユーザーの利益を最優先にしたコンテンツを提供するのに最適なメディアです。ユーザー視点のコンテンツを発信していくことで、信頼関係を生み、ユーザーの期待を膨らませることができるでしょう。

企業のリソース・特性を活かして、コンテンツを作成し、発信していくことで、そこにオリジナリティが生まれます。

結果的に、その独自性が競合他社に対して、差別化に繋がると同時に、お客さんの囲い込みに成功すると思います。

 

まとめ

クックパッドが新メディア『くらしのきほん』を立ち上げたのは、たくさんのメリットがあります。

その中でも、ブランディング化・お客さんのファン化という要素は強いのではと考えてます。

これによって、クックパッドの「レシピサービス」との連携も強めていくでしょうから、レシピサービスの有料会員の増大化が見込まれるでしょう。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー