時々役に立つブログ

SEO戦略を成功に導くための要素がコンテンツ制作にも役に立った

time 2015/04/09

SEO戦略を成功に導くための要素がコンテンツ制作にも役に立った

多くの人がコンテンツマーケティング戦略を成功に導くために、たくさんのコンテンツマーケティングの手法を組み合わせています。

それに伴って、見てもらうべきお客様と潜在的なニーズを抱えているお客様にコンテンツを見てもらうためには、SEO戦略を立てる必要があります。

SEOを考える上で大切なポイントが、良質なコンテンツを作成するときに意識するべきポイントと類似していたので、それを紹介します。

sponsored link

92%がソーシャルメディアでマーケティングを行っている

photo?014

出典:『最新調査から読み解くB2Bコンテンツマーケティング戦略の秘訣30

92%のマーケティングの担当者は、ソーシャルメディアのコンテンツを利用しているようです。なぜなら、そこにユーザー/メインターゲットが集まるから。eMarketerによると、アメリカのインターネットユーザーは、コンピュータやスマホなどの電子デバイスを介して、ソーシャルメディアを1日平均で67分も利用しています。

photo?015

出典:『最新調査から読み解くB2Bコンテンツマーケティング戦略の秘訣30

したがって、ソーシャルメディアを利用したマーケティング活動は、B2Bのコンテンツを配信する上で、非常に重要な役割を担っています。

コンテンツマーケティングの効果を高めるためにも、まずは各ソーシャルメディアに対して、コンテンツマーケティングを順応させ、プラットフォームに合わせたコンテンツの配信を行う必要があります。

80%の人がブログによるコンテンツマーケティングを実践している

ソーシャルメディアなどを用いて、低コストで爆発的な集客を実現するために欠かせない存在となっているのがブログです。FacebookやTwitterなどのSNSと連携させることもできます。

ソーシャルメディアマーケティングと同様に、ブログの強みを最大限に活用するためには、たくさんの人にコンテンツを見てもらう必要があります。そして、たくさんの人に見てもらうためには、SEO対策が必要不可欠になってくるのです。

 

SEO戦略を成功に導くためのポイント5つ

SEO戦略を立てるときに、考えるべき普遍的な5つのポイントはなんでしょうか?

  1. われわれの組織は、検索ユーザーの疑問や問題を解決するのに役立つようなものを生み出しているか?(われわれは今後、何を生み出すのか?)
  2. 他にだれも提供していない固有の価値は何か?
  3. われわれのメッセージを拡散する助けになってくれるのはだれか? 支援してくれる理由は何か?
  4. 検索で訪れたユーザーを顧客に変えるプロセスは何か?
  5. こんな価値を提供するわれわれの取り組みを、検索エンジンがクロールしてインデックス化し、理解し、表示できるようにするにはどうしたらいいか?

 

1.われわれの組織は、検索ユーザーの疑問や問題を解決するのに役立つようなものを生み出しているか?

検索ユーザーが抱えている問題や課題を解決するようなコンテンツを作成しているのかということです。このとき、まだユーザー側はどんな問題を抱えていて、何に悩んでいるのかはわからないのです。

つまり、潜在的に抱いている問題に対して、ユーザーが興味/関心を抱かせるようなコンテンツを作ることが求められてきます。

 

 

2.他にだれも提供していない固有の価値は何か?

基本的に、他の人が「X+1」「X+2」「X+3」のようなコンテンツを作成するのに対して、あなたは「10X」「Y」といった独特なものか、固有のコンテンツのような質の高いコンテンツを作成する必要があります。

 

3.われわれのメッセージを拡散する助けになってくれるのはだれか? 支援してくれる理由は何か?

コンテンツを作成したら、今度はそれを外部に働きかけて、拡散してもらうことが必要です。いくら良質なコンテンツを作成しても、見てくれる人がいなければ意味がない。

メッセージを配信したり、1対1でリーチしたり、ソーシャルメディアで共有したり、配布したりしても、投資対効果は得られません。そこで、支援してくれる人が必要なのです。

 

4.検索で訪れたユーザーを顧客に変えるプロセスは何か?

これを考えなければ、投資対効果を得ることができません。

人々はわれわれのウェブサイトに、さまざまなものを経由してやって来る。なんらかのチャネルや検索、ソーシャルメディア、電子メール、直接アクセス、他のウェブサイトからの参照、ビジネス開拓、カンファレンスや展示会などだ。

そして、再び戻ってくる。さらにメール登録をする。会話をする。

こういう動きはどういう仕組みになっているのだろう?

われわれのウェブマーケティングファネルはどんなふうだろうか?

検索を通じて、あるいは、抱いている問題や疑問に答えているサイトだとして初めて来訪した人々は、どのように迎えられ、さらにどのようにして顧客になっていくのか?

検索から、リピート訪問化して、コンバージョンするまでの流れはどうなっているのかを、具体的にプロセスを考える必要があります。

 

5.こんな価値を提供するわれわれの取り組みを、検索エンジンがクロールしてインデックス化し、理解し、表示できるようにするにはどうしたらいいか?

そのコンテンツがどんなものなのかを検索エンジンに認知してもらわなければなりません。

コンテンツはトピックに沿ったものであり、単に検索ユーザーが使うキーワードを用いるだけでなく、検索ユーザーの潜在的な疑問への真の答えとなるものであるべきだということです。

もちろん、キーワードを使うことは正統的なSEOの観点からも重要であることは変わらない。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー