時々役に立つブログ

文章術の基本!人の心を掴むためのコピーライティングとは

time 2015/04/16

文章術の基本!人の心を掴むためのコピーライティングとは

こんな文章ならば、大量に反応が返ってくる。

多くの人に文章を読んでもらうためには、意識するコピーライティングの方法があります。成功者が経験的に使っているコピーライティングの技術とは、一体どんなものなのかを説明していきます。

sponsored link

多くの人を惹きつけるための第1センテンスの意味とは?

多くの人に読んでもらうための文章とは、どんなものでしょうか?

  • 構成がしっかりしている
  • 理解しやすい文章であること
  • 読みやすい文章であること
  • サービスの説明がしっかりとしていること

多くの人に読んでもらえる文章に関して、たくさんの要素が上がってきそうですね。

しかし、上記のような文章を作成したとしても、そもそものところ、『文章』を読み手に読んでもらえなければ意味がありませんよね。先の文章を読んでもらうために第1センテンスが存在するということです。

たくさんの情報が流れている時代において、記事を読みたいと思うか、思わないのかを決めるのは一瞬です。「パッ」と見て、自分にベネフィットがない・興味がないと思われた瞬間、先の文章を読むことはないでしょう。

したがって、第1センテンスから、読み手を引きつけ、興味を抱かせ、次の文を読みたいと思わせる必要があります。

例えば、

  • 「驚愕。◯◯◯◯」
  • 「ついに公開!○○○○」
  • 「あなたは、◯◯◯◯していませんか?」

第1センテンスは、最も役割が多い部分です。

ここで「何を伝えるか」「どう伝えるか」によって、読者があなたのサービスを欲しがるか、または文章を読みたいと思わせるかは決まります。

 

多くの人に読ませるコピー文とは?

第1センテンス/第2センテンスで読者の興味を引くことができたら、次は、読者の悩みの種を明確に提示し、「読まずにはいられない」というぐらいに強く引き込むことが重要です。

また、読者が「それこそが、普段から自分が悩んでいることなんだ!」と、思わず共感してもらえる問題を書きます。

ここで大切なポイントが、『コンセプト』を売るということです。

商品やサービス自体の説明をしてはいけません。というのは、人々は潜在的に変化を嫌っており、そもそもセールスレターを疑っています。

だからこそ、そこまで踏み込まなければ決して、時間を割いて読み進めようとはしてくれません。人は快楽を得ることよりも、苦痛から逃れることを優先する生き物なのです。

 

絶対的な解決策を提示する

あなたが、読者の問題をすぐに解決する方法を持っていることを宣言します。

大事なことは、「あなたの商品やサービスを利用すれば、必ず問題が解決し、もう今までのような問題や痛みを感じ続けて生活する必要はない」と伝え、読者を安心させてあげることです。

勘違いしてしまう人が多いが、解決策の提示とは、あなたの商品やサービスを詳しく伝えることではありません。

 

信頼性を演出する

あなたの会社や商品を信頼できると思えるような理由を、すぐに提示しなければいけません。

例えば、

  1. お客様からの満足の声
  2. 自分の業界内での位置付け
  3. 影響力のある著名人との繋がりをアピールする
  4. 実績
  5. 信用

を勝ち取るためには、読み手が抱くであろう、疑問に全て答えられるように文章に提示することなのです。

 

リアリティのあるベネフィット

読者はその記事自体を読みたいと思っているのではありません。読者が求めているのは、あなたの商品やサービスではなく、それによって得られる未来なのです。

セールスとは、商品ではなく未来像を売ることだ。

あなたの商品やサービスを手にすることで、お客様が将来何を得られるのか、どうなるのかをしっかりと明示できるようにしましょう。「自分のことなんだ」というように臨場感を感じられないベネフィットでは、読者の心は動きません。

 

希少性を演出する

基本的な考え方は、読み手側にある特定のサービスを買えば、特別の存在になれると感じてもらうこと。その限られたサービスを所有していることを羨まれる数少ない人々の一員になれるということです。

読者があなたのセールスレターを見ているその瞬間に、確実にクロージングしてお金を出して貰う必要があります。そのために、今すぐに動くべき動機を与える必要があるのです。

 

明確なコール・トゥ・アクションを提示する

お客様から嫌がられるということで、「どうやって注文するのか」という注文方法についての記載を軽視しがちです。

最後に、あなたの商品やサービスを注文する方法を、0から10まで、明確に分かりやすく伝えることを忘れてはいけません。

「電話で注文するのか?」「注文フォームに入力するのか?」「FAXなのか?」「PAYPALを使うのか?」など、あなたの商品やサービスを手に入れるために、何をすればいいのかを指示しましょう。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー