時々役に立つブログ

アクセスアップを実現するために必要な文章術のポイント5つ

time 2015/04/20

アクセスアップを実現するために必要な文章術のポイント5つ

自分の書いた文章は最後まで読んでもらいたいと思いませんか?

しかし、読者側は最後まで読まずに、次の記事に目を通したり、別なサイトに移ってしまいます。では、最後まで文章を読み進めるかどうかについて、どこで判断しているのでしょうか?

それは、第1文、第2文といった冒頭部分です。

それならば、魅力的な冒頭文を書けるようになれば、最後まで文章を読んでもらう確率は高くなるし、魅力的な文章になる。それでは、魅力的な文章を作成するためには、どうすれば良いのか考えてみたいと思います。

 

sponsored link

1.疑問文を投げかける

疑問文には、強力なパワーが秘められています。

なぜ、疑問文にすることで、次の文章を読みたいと思わせることができるのか。それは、疑問文によって読者は、その疑問文に対する答えを探そうとする感情が生まれるからです。

ポイントは、疑問文を第1センテンスに導入するということ。そして、その答えを記事で答えていきます。理想的なのは、記事全体がその疑問に対する答えのような内容にするということです。

疑問文が好奇心を抱かせるような文章であるほど、効果的でしょう。

 

2.読者に想像させる

文章を読むことで、どういうことなのかを相手に想像させることです。

例えば

  • 「◯◯◯◯を想像してみてください。」
  • 「もし、◯◯◯◯ならどうでしょうか?」
  • 「◯◯◯◯だった頃を覚えていますか?」
  • 「これは、久しぶりにワクワクした」

少し、直接的かもしれませんが、ポイントは『相手に、すでにサービスを利用しているような感覚をイメージさせる』ことです。

有名な話が

「ステーキを売るな!シズルを売れ」

つまり、ジュージューという肉を焼く音をユーザーに伝えることで、想像させることが大切であるということ。人間が持っている、感覚器官をフルに活用して伝えてみましょう。

 

3.ストーリーを使う

あなたは、ドラマを見たことがありますか?

映画もそうですが、長時間画面にしがみついてしまいますよね。それくらい、ストーリーには力があるということです。

『ステーキ』という最終的な商品を売るときに関しても、誰がつくったのか、牛はどんな牛なのか、これをつくった経緯は何なのかなどを説明するなど、そのサービスの過程を話すことで、人間を動かしたり、説得力を増す文章が作成できるようになります。

 

4.比喩を使う

たとえ話、比喩もまた想像力を駆り立てる手段の1つです。比喩を使うことによって、短い文章でも、読み手側に伝えたい内容を具体的に想像させることができ、伝わりやすくなります。

また、画像などを挿入することで、同じような結果を得ることができます。

 

5.ニュースと関連づける

話題になっているニュースなどと関連付けることで、読者を引き寄せることもできるでしょう。ニュースと記事がどのように関連づいているのかを説明しましょう。

 

まとめ

読者に最後まで文章を読んでもらうために、冒頭部分を工夫するという考え方を紹介しました。読者が、記事を探して、読むべきかどうかを判断する時間は、ほんの数秒です。

その数秒のうちに、「読みたい」と思わせるためには、戦略的にユーザー側に記事を読んでもらうためにはどうすれば良いのか。

それは、『相手目線で書く』ということに尽きると思います。

例えば、暖かいコートを販売するとしたら、「このコートは、雨も風も寒さも防げます」ではなく、「このコートを着れば、どれだけ寒い冬でも、ぬくぬくです。」と書いた方が、読み手は自分のこととしてイメージしやすくなる

良いコピーは、読者に「これは自分のことについて言われている」と当事者意識を持たせることによって、読者の感情を刺激する。従って、徹底的に読者目線で書くようにしよう

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー