要約:『お金2.0』が語るこれからの時代とは?

スポンサーリンク
書評

これからの時代で生きていくために必要な考えとはなんでしょうか?

メタップス社長の佐藤氏著の『お金2.0-新しい経済のルールと生き方-』を読みました。

将来がちょっと不安な人にオススメの本かもしれません。

こんな人にオススメ

おすすめ
  • 将来が不安な人
  • 自分のやりたいことがわからない人
  • やりたことがあっても「それって儲かるの?」って思っている人
  • 将来がどうなるのかを知りたい人

お金2.0に書かれている重要ポイントをまとめます。

スポンサーリンク

お金の正体ってなんなの?

『お金』ってなんなの?

お金ができた理由は、
価値という漠然としてものをうまくやりとりするためのもの。

お金には、

  1. 価値の保存
  2. 尺度
  3. 交換

という3つの役割があると言われています。

資本主義ではお金が主役

人が大事だと思っていたものには

  • 宗教
  • 身分

というものがありました。

 

産業革命が起こって、農業から工業へと生活の中心が変わっていったときに、

人は労働という価値を提供して、「お金」という対価を得るように。

 

ここから『お金』というものの重要度が高まりました。

発展する経済システムに共通する5つのポイントは?

自動的に発展していくような経済システムの共通点はというと

  1. インセンティブ
  2. リアルタイム
  3. 不確実性
  4. ヒエラルキー
  5. コミュニケーション

の5つです。

インセンティブ
現代は、生物的な欲望よりも社会的な欲望が目立ってきていて、

中でも頭文字をとって3M(儲けたい・モテたい・認められたい)の3つが

満たされているシステムは急速に発展しやすい

 

リアルタイム
常に状況が変化するということを、参加者が知っていることが重要なポイント

 

不確実性
運と実力の両方の要素がある状態。

先の見通しが不透明な方が良い。

 

ヒエラルキー
秩序が可視化されていることが必要。

 

コミュニケーション
参加者同士が交流しながらお互いに助け合ったり

議論したりする場が存在することが重要

テクノロジーがお金のカタチを変える?!

ビッグデータ、Iot、AI、ブロックチェーン、AR、VRなどIT業界は

日進月歩で1年ごとにバズワードが出ては消えを繰り返しているほど、

急激に変化しています。

テクノロジーによって「分散化」が起きている

今までは『中央集権型』という形で経済システムは成り立ってきました。

 

しかし
テクノロジーの発達によって今何が起きているのかというと、

『分散化』が起きています。

 

何かっていうと、
中央に情報や秩序を保つための何らかの要素をおく必要がなくなり、

全体がバラバラに分散したネットワーク型の社会を構築することが

できるようになったということです。

台頭する『シェアリングエコノミー』『トークン経済』『評価経済』

分散化された社会を形成していく中で、今台頭しているのが

  • シェアリングエコノミー
  • トークン経済
  • 評価経済

です。

『お金』自体の価値はなくなって行き、

どのように経済圏を作って回していくのかという

ノウハウこそが重要な時代になってきています。

 

資本主義から価値主義へ

これからは
可視化された『資本』ではなく、お金などの資本に変換される前の

『価値』を中心とした世界に変わっていくでしょう。

 

あらゆる『価値』を最大化しておけば、

その価値をいつでもお金に変換することができます。

お金というものは、価値を媒介する1つの選択肢に過ぎなくなるでしょう。

『価値』って何?

じゃあ、
価値とはどんなものを指すのでしょうか。

世の中には
3つの価値に分類されていて

  1. 有用性としての価値
  2. 内面的な価値
  3. 社会的な価値

です。

 

今までは
経済的、世の中的に役立つのかという観点で

『有用性としての価値』の重要度が高かった。

 

けど
これからは内面的な価値や社会的な価値を持った人が

大きな力を持つこととなるでしょう。

まとめ

この本を読んで印象的だったフレーズ。

それは
自分の価値を高めておけば何とでもなる世界が実現する です。

 

内面的な価値が経済を動かすようになると、

そこでの成功ルールはこれまでとは全く違うものになり得ます。

 

金銭的なリターンを第一に考えるほど儲からなくなり、

何かに熱中している人ほど結果的に利益を得られるようになります。

 

つまり、

誰かの作った枠組みの中で動くのではなく、自分との対話を通して、

自分自身が何に熱狂できるかを追求することが必要な時代になります。

 

やりたいことを「稼げない」とかで諦めてしまった人は多いでしょう。

 

しかし、
これから『価値』として認知をされる要素は大きく変わってきます。

今の時代だからこそ
自分の得意なことをやったり、コミュニティを形成する力というものが

大きな影響を与えていく時代となるでしょう。