時々役に立つブログ

Webでのブランディングの秘訣はユーザーに「良い体験」を提供できるかどうか

time 2016/10/12

Webでのブランディングの秘訣はユーザーに「良い体験」を提供できるかどうか

ブランド力を高めたい

Webを使ったブランディングを実践したい

そもそもブランド力を高めるためにはどうすれば良いのか。人はどのようにしてそのサービスに行き着くのか

そんな疑問・課題に答えてくれる記事がこちらだと思ったので、紹介します。

 

sponsored link

ブランディングの極意は、「良い体験」を与えること。顧客をそのサービスに結び付けるためするべきこととは?

こちらは、スターバックスジャパンの長見氏とオイスックスの奥谷氏による対談。

ブランディングをする上で、覚えて置きたいポイントはこちら

  • 果物を売る例えより、お客さんに食べさせる(良い体験)ことがブランドを結び付ける近道
  • 顧客体験が、論理・機能・情緒をすっ飛ばして一気にブランドに結び付ける可能性がある
  • ブランドでの体験の積み重ねが、信用力に結びつく

では、Webを活用したブランディング戦略を立てるポイントは何なのか?

それは、ブランドを信用してくれているエバンジェリストの活用です。

あるストック型のコンテンツを用意しておいて、実際にそれを使ってもらい、その体験談や感想を他の人に伝えていくという方法。

Webでのブランディング戦略において、サービス(コンテンツ)を使ってもらう、つまりwith Customerという点が重要であるということ。

デジタルでは如何にして『きっかけ』を作るかが、ブランディング戦略を成功に導くかの鍵を握っているということです。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー