時々役に立つブログ

2015年度の国内クラウドファンディング市場規模は363億円規模に!けど、世界と比較したらまだまだ出遅れている感じ

time 2016/08/21

2015年度の国内クラウドファンディング市場規模は363億円規模に!けど、世界と比較したらまだまだ出遅れている感じ

矢野経済研究所によると、2015年度の国内のクラウドファンディング市場規模は、363億3400万円になったという。

これは、前年比68.1%の増加ということで、急拡大している。

内訳を見てみると、

  • 購入型:約32億円
  • 寄付型:約1億円
  • 投資型:約6億円
  • 貸付型:約322億円

今では、地方創生やボランティア活動など地方での利用も増えている。

また、企業のテストマーケティングや販促活動としても活用され、今後も市場が大きくなることは間違い無いだろう。

 

sponsored link

クラウドファンディングとは?

簡単に『クラウドファンディング』について説明する。

クラウドファンディングとは、アメリカ発祥のサービスであり、「Crowd(群衆)」「Funding(資金調達)」を掛け合わせた造語。

資金を必要とするプロジェクトなどがインターネットを介して、不特定多数の人から資金を調達できる仕組みのことである。

クラウドファンディングには、大きく分けて、「寄付型」「購入型」「貸付型」に分類される。

crowdfunding-image

  1. 寄付型:インターネット通じて、幅広く寄付金を募る仕組み。
  2. 購入型:プロジェクトごとにパトロンという形で、出資者を募る仕組み。出資者側は金額い応じた「サービス」などを受け取ることができる。
  3. 貸付型:企業や個人に小額の資金を貸し付ける仕組み。

2016年度の国内のクラウドファンディング市場規模は、477億8700万円(前年比31.5%)となる見通し。

 

2015年のアジア圏のクラウドファンディングの取引額は4兆円を超える。世界的視野で見ると、まだまだ遅れている

一方で、アジア圏のクラウドファンディング市場規模は、4兆1280億円とのこと(2015年)。

前年比で210%の伸びだという。スマホ利用者が増えたりなどで利用者が増えたことが要因だが、日本ではまだまだ浸透していないようにも感じる。

これは、日本人の仕事観などと少し関係しているのではないだろう。

スマホ、インターネットの普及・拡大によって、ワークスタイルをも変わってきた。

そして、クラウドファンディングというサービスの登場によって、起業しやすい環境も整いつつある。

日本でも起業、スタートアップ企業数は増加しているが、まだまだその動きはごく一部。

日本人の国民性などを考えると、アイデアなどをシェアするのが恥ずかしかったりなど、自己主張などが薄いことも影響しているのではと感じた。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー