時々役に立つブログ

ネットショップで成功!『鶴翼の陣』で集客力を上げる仕組みを作ろう

time 2017/05/14

ネットショップで成功!『鶴翼の陣』で集客力を上げる仕組みを作ろう

ネットショップを運営するにあたって、

  1. 集客
  2. 接客
  3. 追客(リピート対策)

というプロセスが重要なわけですが、その中で、自分自身が運営するネットショップに「訪問してもらう」ということが、重要な課題の1つになっています。

その中で

  • インターネット広告のコストが増加している
  • ネットショップ数が増えたことによって、上位表示されることが難しい

特に、「美容」「コスメ」とかのビッグワードで上位表示は、コストも掛かり、非常に難しい。

単品通販事業者必見!売上を上げるためには『魚鱗の陣』で集客する』の中で、上手に集客するコツを紹介しました。

今回は、取扱商品が多い「総合タイプ」「有名ブランドタイプ」での集客方法を紹介します。

 

sponsored link

『鶴翼の陣』で集客力を上げる?

そもそも『鶴翼の陣』とは何か?

簡単に説明すると

鶴翼の陣とは、取扱商品数が多いネットショップが行うべき集客施策の1つ。主に、ユーザー側による検索ワードからサイト訪問を促していく。

どんなネットショップにこの集客施策が向いているかというと、

「総合タイプ」「有名ブランドタイプ」など、商品の取扱数が多いネットショップが向いています。

※『EC4タイプ理論』についてはこちら

 

「商品名」「カテゴリー」「商品説明」などから、SEO対策をして検索対策をしていく。

また、ペルソナ設定のもと、検索ワードを考えた上で、リスティング広告から集客などを実施するのもありです。

商品の取扱数が多いということを強みに、効率良く集客力を高めていくことができます。

 

ネットショップ成功秘訣!LPの作り方を工夫して、機会損失を減らすこと

SEO対策やリスティング広告によるアプローチによって、「サイト訪問者に着地してもらいたいページ」を考えることが重要です。

理由は、ユーザーに興味がないページだと感じたら、サイトを見る前にサイトから離脱してしまうからです。

例えば、「美容 化粧品 おすすめ」と検索して表示されたページをクリックした時に、「コーポレートサイト」にユーザーを誘導してしまったら、

  • 「ここには、求めているものはないかも」
  • 「ここからまた探し出すの面倒さいからいいや」

という顧客心理のもと、サイトから離れてしまいます。

こちらが、「この商品はあなたが探し出しているものですよ!」という感じで、ファーストビューで訴求することができれば、ユーザー側も見てくれますよね。

だから、ページ訪問者に着地してもらいたいページ(LP)の設定が重要なのです。

 

商品を買ってもらいやすくするためにLPを作成する

「美容 化粧品 おすすめ」と検索して見ました。

リスティング広告の表示結果が上の図です。

ネットショップ運営者の戦略によって、目的が変わってきます。

公式-アテニア」のページを見るとこんな感じです。

LPを見ると、ファーストビューでこのような画面に移ります。

アテニアさんは取り扱っている商品数も多く、リスティング広告→LP誘導で集客したユーザーに対して、「こんな商品もあるよ!」という感じで、カテゴリーページを上位部に表示させていますね。

これは、機会損失を防ぐための施策だと思います。

このように、商品数が多かったり、「この商品もアプローチしたい!」という時に、このような表示をすることで、サイト回遊率をあげて、購入に繋げていっています。

 

次に、「SUNTORY」のページです。

エイジングケアの化粧品ということで、単品でのアプローチです。

ファーストビューで、「トライアルキットの購入」と「販売価格」を表示させていますね。

おそらく、まずは低価格で提供できることをユーザーに発信し、購入ハードルを下げ、トライアルキットを購入したユーザーに対して、メルマガなどによって本商品を購入するような引き上げ施策を実施していってLTVを伸ばしていくのでしょう。

 

まとめ

このようにネットショップの運営方法と、自社の強みなどから違った販売方法を取っています。

自社のリソースを考えた上で、適切な販売方法を考えていくことが大切です。

商品数が多いことを生かして、集客力を高めることができますが、商品数を増やしすぎるのも要注意です。

欠品になっていて、お客様側に迷惑をかけるなど、実務レベルでミスが起こりがちなので、オペレーションはしっかりと注意しましょう。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー