ネット業界まとめ:50代以上の通販利用率は80%超えってホント?

calendar

衝撃的なニュースを読みました。
50歳以上のネット利用率、通販利用率って少ないって思っていませんか?

実はそんなことないのです。

調査によると、50〜79歳の約80%がネット通販を利用しているということが分かりました。

参照:大和ネクスト銀行「2017年ランキングでみるシニアライフに関する調査

スポンサーリンク

シニア世代はネット通販でいくら使っているの?

なんと1年間で、ネット通販に費やしたお金はというと平均11万円を超える結果に。

年代別で利用率に差異はあるようです。

  • 50代:13万円
  • 60〜70代:11万円

単純に考えると
LTVが11万円ということですよね。

EC業界は毎年右肩上がりで、市場規模も伸びていて、2016年度の市場規模は15兆円を突破。

 

それに伴って、プレイヤーも増えて、一部のマーケットはレッドオーシャン化しています。

メインターゲット層と販売商品が類似しているのが背景ですが、今後差別化を測ったり、ターゲット先の拡大を図っていく上で、

シニア層の取り込みが鍵を握るでしょう。

 

シニア世代はネット通販で何を買っているの?

シニア世代はネット通販で何を買っているのでしょうか?

非常に気になるところですよね。

ちょっと古いデータになってしまいますが、

2015年の総務省による調査によると、ネット通販での月別支出の内訳をみると

  1. 旅行関連:21.8%
  2. 食料品:14.3%
  3. ファッション:10.7%

がベスト3という結果でした。

50代の方々は趣味趣向にお金を使える割合も大きく、体力的にも十分だと思うので、

旅行関連の支出は大きくなるのかなと思っています。

 

また、少し前から『ふるさと納税』なんかも後押しして、ネット通販で美味しいもの

購入できる機会は増えました。

  1. ネット通販で各エリアの名産品が購入できる環境があること
  2. 50代以上のネットリテラシーが高くなっていること

が重なり、ネット通販でのお買い物が増えているのでしょう。

 

50代〜70代のLINE利用率は42%に?!

スマートフォンとタブレット端末の利用について聞いたところ、

「スマートフォン」を利用しているシニアは53.0%、「タブレット端末」を利用しているシニアは22.7%だった。

一昨年、昨年の調査結果と比較すると、「スマートフォン」の利用率は、2015年34.9%→2016年40.9%→2017年53.0%と年々上昇しており、

昨年から12.1ポイント上昇で、今年は初めて5割を超えた。

それに伴い、LINEの利用率も上昇しています。

LINEの利用率はというと、41.5%であって、昨年と比べると10ポイント以上上昇した結果となっています。

ダイレクトマーケティングの新たな媒体として、LINEが注目されていますが、

ターゲットは10代〜50代くらいなんじゃないかという先入観がございますが、そんなことありません。

シニア層へのアプローチ手段として大いに期待できると思います。

 

LINEはというと
LINE@やビジネスプラットフォームとして注目されていますが

LINEの企業の公式アカウントに登録したことがあるユーザーの比率も高く、なんと60%以上の

ユーザーが登録経験があるのだと言います。

3時間以内にメッセージが既読になる割合も80%以上ということで、今まではメールによる施策が

多かったけれども、その開封率が低くなっているのが現状です。

LINEがその打開策になってくれそうですね。