時々役に立つブログ

スタディサプリによる教育水準の引き上げには、人間力を身に付ける必要がある

time 2016/04/24

スタディサプリによる教育水準の引き上げには、人間力を身に付ける必要がある

高校生の学力アップや、受験対策用のツールとして、広まったスタディサプリが約700校の高校で利用されるまで拡大している。

スタディサプリは、リクルートマーケティングパートナーズが提供するオンライン教育サービス。

2011年に誕生し、月額980円でオンライン講義が受けられる。

 

sponsored link

熊本地震によって15万人が授業を受けられなかったという

先日の熊本地震によって、15万人の学生が授業を受けられなかったという。これは、全体数の75%にも及ぶ規模だ。

こういった、突発的な問題などが発生した時に、スタディサプリのようなオンラインサービスが存在すれば、スマホなどを利用することで、授業を受けられる環境を整えることができる。

やはり、テクノロジーによって様々な問題を解決できると思いました。

 

すでに700校でスタディサプリが採用されている。アクティブラーニングが加速することで、『人間力』を身に付ける必要がある

現在、700校でスタディサプリが導入されているとのこと。

スタディサプリを導入することで、学び方に変化が訪れると思う。

  1. アダプティブラーニング
  2. アクティブラーニング

アダプティブラーニングによって、レベル別での教育が可能になる。

学校の授業は一定のスピードで進んで行くが、「理解不足」「先に進みたい学生」など、学生側の理解度は人それぞれだ。

そこで、スタディサプリを導入することで、理解不足の分野の復習ができるだろうし、先の分野の予習もできる。

今までの学び方にイノベーションを起こす。

 

次に、アクティブラーニング。

生徒側が主体的に学ぶ機会をつくってくれる。

 

何れにしても、自己管理能力が求められてくる。

なぜなら、学力を伸ばすためには、PDCAを意識した取り組みが必要になってくるからです。

まずは、どの分野が苦手なのかどうかという自己分析も必要になってくるだろうし、勉強をする上で、「どのレベルまで学力を引き上げるのか」といった目標設定が必要になってくる。

そして、「いつ、勉強するのか」「復習するのか」という時間管理もする必要があるので、『人間力』を磨かなければならない。

 

まとめ

『人間力』を身に付けるために、今後は教科以外の授業内容のニーズが高まっていくでしょう。

  • セルフマネジメント
  • 時間管理
  • 目標設定
  • 組織マネジメント

それらを、『誰が』『どのように』教えていくのか。

そこに新たなビジネスが隠れているのかも。

また、学校の機能としては、勉強だけではなく、「異文化理解」「遊び」など楽しく学べるようなコミュニティになっていけばと思いました。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー