集客力アップするインフルエンサー活用事例とは?

スポンサーリンク
Instagram

PR手段がたくさんありすぎて、何から手をつけて良いのか分からない人って多いと覆います。

そんな中で

インフルエンサーを活用したマーケティングが急激に増えています。

 

じゃあ、どうやって使えば良いのか?

今回は次のようなポイントをまとめたいと思います!

ポイント
  1. マーケティング戦略の立て方は?
  2. 日本のSNS利用者ってどのくらい?
  3. Instagramを使ったマーケティング事例

 

スポンサーリンク

集客力アップのためのマーケティング戦略の立て方

たくさんのマーケティング手段のある中で、まずはマーケティング戦略の立て方について考えます。

ファネルごとにマーケティング戦略を立てることがポイント

フルファネルマーケティングとは

顧客の行動プロセスを踏まえたマーケティング戦略を指します。

顧客の行動プロセスは大きく分けると、

『認知』『比較・検討』『興味・関心』『購入』『共有』に分解することができます。

その行動プロセスに合わせてマーケティング施策を最適化していくのです!

マーケティング関連の記事はこちら

フルファネルマーケティングについて

マーケティング戦略について

ファネルごとに効果的なマーケティングプランを考える

顧客の心理状態を踏まえた戦略を立てる必要があります。

集客アップのためには、『認知』『興味・関心』層にアプローチする必要があります。

ここでSNSを活用したマーケティングが威力を発揮します。

 

SNS利用率は

日本のSNS利用者数は、7000万人を超えました。

 

ポイント
  • 日本のSNS利用者は2017年末に7,216万人、2019年末には7,732万人へ拡大
  • ネットユーザーに占めるLINE利用率は72%、ツイッター 41%、フェイスブック33%
  • 利用者満足度1位はLINEで77.9ポイント、インスタグラムが77.7ポイントで続く
  • LINE利用者の41%、インスタグラムの58%が利用時間増加、フェイスブックは伸び悩む
  • SNSを利用する理由は人とのコミュニケーションが40%、「いいね」が欲しいは15%
  • SNSの中でもInstagramの利用者数の増加率は高い。

 

今どき
SNSを使って気になる情報を検索。

インフルエンサーを活用しながら、

ユーザー側へプロモーションするのが効果的になっています。

 

インフルエンサーマーケティング活用まとめ

Yotureberを活用したインフルエンサーマーケティング

THE $21,000 FIRST CLASS AIRPLANE SEAT

エミレーツ航空による、Youtuberを活用したインフルエンサーマーケティングです。

ファーストクラスへアップグレードされた時の、

機内設備、食事、ベッドルーム、シャワーなどを余すことなく伝えられています。

 

この動画は1週間1800万回の再生回数を突破。

現在は5000万回の再生回数です。

 

公式アカウントのコンテンツを作成し、投稿してもこれだけのリーチ数を確保することはできないでしょう。

伝えたいユーザーに効果的にアプローチする手段として非常に有効です。

 

サプリメントのインフルエンサーマーケティング

こちらはダイエットサプリをPRするインフルエンサーマーケティング。

今井華さんは、ファッションモデルでテラスハウスでも活躍されています。

若い女性の方に人気という点を活かしながら、多くのユーザーにPRできています。

 

コスメのPR

コスメのPRです。

Instagramの投稿で、使い方は使用感を丁寧に説明しています。

コメントの内容も好感のあるコメントばかりで、ブランディングとしても効果を発揮。

ファッション関連のインフルエンサーマーケティング

ファッションブランド『ヘザー』によるインフルエンサーマーケティングです。

ヘザーが認定した公式インフルエンサーが20名以上います。

参照:『ヘザー公認インフルエンサーコーディネート

 

インフルエンサーによるコーディネート例を載せていて、非常にエンゲージメントが高い。

役に立つコンテンツから、購買意欲を高めていく。

 

また、ストーリーのタグからインフルエンサーをフォローすることもできます。

 

まとめ

インフルエンサーを活用することで、効果的にメインターゲット層にアプローチすることができます。

 

インフルエンサーはどうやって選べば良いの?

インフルエンサーの

  • 普段の投稿内容
  • フォロワー数
  • フォロワー属性
  • 世界観

をチェックするのが良いです。

 

また分析に関しては

  • フォロワー数
  • エンゲージメント
  • 関連ハッシュタグ

をKPIとしてPDCAを回す仕組みを作ることで、精度を上げていきたいですね。