時々役に立つブログ

AbemaTVの戦略で日本のメディアはどうなるのか?

日本でも動画配信サービスは浸透してきています。

その中で、今勢いに乗っているのが、Abema TV。

先日は、元スマップの草なぎ剛さん、香取慎吾さん、稲垣吾郎さんが出演した「72時間ホンネテレビ」が3日間の累計視聴数が7,000万回を超えて、話題となりました。

日本のメディア動向はどうなっていくのか含めて、まとめていきたいと思います!

 

sponsored link

AbemaTVへの投資金額は大きくなっていく!

10月にサイバーエージェントの2017年通期決算資料が発表されました。

注目なのが、Abema TV事業でしょう。

 

2年目を迎える2017年の業績をまとめます。

Abema TVのアプリダウンロード数の推移はというと、開局1年6ヶ月で2,200万ダウンロードを達成しております。

昨年の決算資料では968万ダウンロードだったので、1年間で倍以上のダウンロード数を伸ばしています。

 

月間アクティブユーザー数はというと、948万人。

アプリダウンロード数を伸ばすのに、広告費はほとんど使っていないようで、豪華著名人などをキャスティングして、番組を見てもらう導線を作り出し、ユーザー数を拡大しています。

 

Abema TV事業の売上は256億円だったのに対して、209億円の赤字という着地。

このことからも、番組制作やキャスティングというところで、コストが膨らんでいるようです。

2018年以降も投資金額を大きくしながら、ユーザー数を伸ばしていくでしょう。

 

なんでAbema TVは人気なの?

利用者層は、10代〜30代で、60%が女性ということのようですが、

なんでAbema TVは人気なのか?

他の動画配信サービスと比較すると

ユーザー数を比較すると、Abema TVのユーザー数が頭一つ飛び抜けている状況。

それは、他のサービスはオリジナル番組もあるものの、ほとんど既存コンテンツを配信しているのに対して、Abema TVはというと、オリジナル番組を放送している。

 

直近ですと

「亀田に勝ったら、、、」とか「藤井棋士、、、」とか元スマップによる「72時間ホンネテレビ」などで爆発的な視聴数を叩き出しています。

ペルソナのニーズに合っている番組制作という点が功を奏していると思っています。

 

マスメディアとしてテレビはなくならないが、配信サービスは拡大していくだろう

動画配信サービスはというと、ユーザーが能動的に『見たい』コンテンツを見ていくようなモデルだが、Abema TVはどちらかというと、『受け身』的な要素が強い。

ユーザー負担が少ないため、『ながら』視聴を可能にしていると思います。

MAUがさらに大きくなると、広告関連の動向も動画配信サービスへとシフトしていくはずです。

 

2016年の動画配信サービスの市場規模は約1,700億円。

2021年には2,400億円まで拡大すると推測されています。

マスメディアとしてのTVはなくなりはしないが、ライフスタイルの多様化に伴って動画配信サービスはさらに身近なものになっていくでしょう!

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー