時々役に立つブログ

気になったインターネット関連の記事を教えますコーナー【5/22(月)〜5/28(日)】

time 2017/06/03

気になったインターネット関連の記事を教えますコーナー【5/22(月)〜5/28(日)】

気になったインターネット関連の記事を紹介します。

【5】アフィリエイト市場が増進 2020年には3,500億円規模に拡大との予測も【矢野経済研究所調査】(引用:「http://eczine.jp/news/detail/3995」)

2016年のアフィリエイト市場の市場規模は2000億円を超え(前年比115%増)、2020年には3500億円になる見通しとのこと。

かなり個人によるマーケティング活動が活発化してきているし、個人の影響力が大きくなったことが伺えます。

そして、現在はYoutuberを中心とした、インフルエンサーマーケティングが勢いを増している。

一方で広告主側のコストは増加していくのではないかという懸念があって、スタートアップ企業は集客戦略の課題を抱えていくケースが多くなると考えています。

 

【4】LCCのピーチ、ビットコイン決済導入 年内にも (引用:「http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ21H6N_R20C17A5000000/」)

アジアから日本にくる観光客の取り込み成功で勢いに乗っているLCCのピーチがビットコイン決済を導入するとのこと。

業界の中でもスピード感を持って行動していますね。

ピーチの狙いは、中国人観光客の囲い込みでしょう。

中国人によるビットコインの所有率は90%を超えていることもあって、顧客側にとっては政府による両替規制とかも免れて利便性は高いと思いました。

 

【3】スウェーデンが“国全体”をAirbnbに登録 どこでも自由に宿泊可能に(引用:「https://www.buzzfeed.com/jp/narumi/aaaaaaaaaaaaaairbnbac?utm_term=.dpXO74ePR#.yba3VxzGN」)

これは面白いコンセプト。

このアイデアから、富裕層向けのシェアリングサービスとして、孤島などのシェアリングサービスもありなんじゃないかと思いました。

特に、地域の町興しとか。

 

【2】ヤマト値上げが裏目に? 運送会社化するアマゾン(引用:「http://www.newsweekjapan.jp/kaya/2017/05/post-33.php」)

アマゾンが物流サービスを自社で手掛けていくの既定路線かなと。

そうなると、物流会社が生き残っていくためには、デリバリーの他にプラスαのサービスが必要になってくるのでしょうか。

 

【1】最も利用されているフリマアプリは? 「メルカリ」が利用率94%で他を圧倒(引用:「https://netshop.impress.co.jp/node/4339」)

フリマアプリの利用率について、メルカリが全体の94%というシェアで他を圧倒している。

メルカリのすごいところは、サービスの成長プロセスで、キャズムを短期間で超えたことだと思っています。

地方のユーザーもかなり多いのもそういうことなのかなと。

アメリカ、ヨーロッパに進出し、海外展開を本格化しているメルカリの今後の動向が楽しみです。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー