時々役に立つブログ

気になったインターネット関連の記事を教えますコーナー【6/12(月)〜6/18(日)】

time 2017/06/18

気になったインターネット関連の記事を教えますコーナー【6/12(月)〜6/18(日)】

今週の気になったインターネット関連の記事を紹介します。

 

【5】ドコモ、フィンテック参入 料金支払い履歴で与信 電子決済の「お釣り」で資産運用(引用:「http://www.sankeibiz.jp/business/news/170613/bsj1706130500002-n1.htm」)

今年度中に、NTTドコモがフィンテック事業に参入することを発表したとのこと。

月々の支払い料金から、融資できる金額を算出する個人向けの与信システムを構築しています。

また、「お釣り」を積み立てる個人向け資産運用サービスを設計しているとのことです。

AIを活用することで、今まで動かすことができなかった「お金」を動かすことができるという点では、良い取り組みだと思いますが、今回のサービスがどのくらいニーズがあるのかを考えるとちょっと疑問を抱きますね。

 

【4】暗号通貨で35億円調達!?ICOの可能性、そしてVCの仕事は無くなるのか?(引用:「http://hiromaeda.com/2017/06/11/sendbitcointo-1f6tstb6pg8cfwhoqpfe8d9ptcdlvlhw7y/」)

暗号通貨の売却を通じて資金を調達する「ICO(イニシャル・コイン・オファリング)」によって、30秒で3500万ドル(約35億円)の資金を調達したとのこと。

トークンエコノミーということで、ICOでの資金調達額が増加しています(ここ3ヶ月の間で300億円)。

トークンや仮想通貨を暗号通貨取引所に上場、資金調達するプロセスは、現時点での株式投資に似ています。

近い将来トークンエコノミーが株式投資に取って代わる存在のでしょうか。

この記事を書いた前田さんも仰っているように、ICOで行われる資金調達は「ただの資金調達」であって、

今後も、戦略・採用・マネジメント・パートナーシップなどに対するニーズはなくならないため、VCの必要性は引き続き大きでしょう。

 

【3】「ラーメンを売らないラーメン店」 麺屋武蔵のビジネス哲学と『五輪書』 (引用:「https://www.houdoukyoku.jp/posts/13098」)

「売れ切り御免はしない」「値下げをしない」

他のビジネスにも使える要素だと思いました。やっぱり、価値提供だよな。

 

【2】アマゾン、法人向け通販参入 オフィス用品 年内にも (引用:「http://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ15HMH_V10C17A6TI1000/」)

アマゾンが法人向けにオフィス用品の通販サービスを始めるとのことです。

すでに一部の企業向けに試験的に導入しているとのことですが、日本おマーケットでいうと、アスクルやカウネットが高いシェアを持っている。

アマゾンが参入するとなると、競争も激化するだろうし、低価格競争に強いアマゾンに対して、他企業がどのように差別化を測ってくるのか楽しみなところです。

アマゾンの何が強いって、リソース活用して内部サービスを作り、それを外商化できることだと思います。

 

【1】中国発シェア自転車が上陸 スマホで解錠・決済 (引用:「http://www.nikkei.com/article/DGXLZO17790680W7A610C1EA1000/」)

スピードがはやいですね。

電化製品や衣料など、あらゆるサービスが中国に存在していると思いますが、インターネットサービスも中国発のものが増えてきそうな予感です。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー