時々役に立つブログ

気になったインターネット関連の記事を教えますコーナー【2/13(月)〜2/19(日)】

time 2017/02/19

気になったインターネット関連の記事を教えますコーナー【2/13(月)〜2/19(日)】

今週の気になった記事を紹介します。

【5】Netflixが日本アニメを世界に同時配信する狙い(引用:「http://trendy.nikkeibp.co.jp/atcl/pickup/15/1003590/012600746/」)

 

動画配信サービスのNetflixが日本アニメを世界に発信していくとのこと。

Netflixは、世界190カ国に9000万人以上の利用者を有しているので、日本アニメ業界的にもいい傾向なのではと思いました。

インバウンド需要ということで、日本を認知して訪問してくれる人が増えれば良いですね。

Netflixのようなサブスクリプションサービスが、既存のテレビ業界に劣る点は、プロモーションだと思います。

つまり、既存のテレビ番組はテレビ局の放送網を活用しながら、番宣ができるが、サブスクリプションサービスは登録してもらわないと、番組告知などがしづらい。

そこで、フォーカスしたのが、アニメファンなどのコミュニティを囲うという戦略。これから楽しみです。

 

【4】フェイスブック、TV用動画アプリ発表 「動画ファースト」加速(引用:「http://forbesjapan.com/articles/detail/15226」)

FacebookがTV向け動画アプリサービスの開始を発表。

Facebookでシェアされた動画や、フィードに流れてきた動画、ライブストームで流れる動画などをテレビ画面で見ることができるようになるとのこと。

サービス発表と同時に、Apple TVやAmazonのFire TVなどにも対応していくとのことです。

アメリカのテレビ広告市場は700億ドル以上のマーケット規模。

既存マーケットへの切り込みとして、かなりの影響力がありそうです。

 

現在、Facebookの利用者数は、18億6000万人を超えているとのこと。

それに伴い、広告売上も伸びているし、

何と言っても19億人もの人々が使っている世界的なプラットフォームとしての強さが最大の武器ですよね。

YouTubeも長い広告から、6秒ほどの短い動画広告にシフトしてきたし、こういった動きはFacebookを意識してのことだと思いました。

 

【3】フェイスブック、求人市場に参入 「メッセンジャー採用」促進(引用:「http://forbesjapan.com/articles/detail/15240」)

またしても、Facebookの記事。抜け目ない戦略ですね。

アメリカとカナダの企業に対して、求人応募サービスの提供を発表しました。

企業ページ上に求人広告を掲載し、タイムライン上にその求人情報などを掲載するサービス(有料)という。

現在は、Linkedinのプラットフォームを活用することが多いが、そのサービスに挑む内容だ。

 

繰り返しになるが、19億人が使っているFacebook上で展開されるサービスなだけに、企業側も世界各国から優秀な人材の発掘ができる機会が創出される。

そして、求職側も自由な働き方ができるようになると思いました。

 

ただ、これによって「優秀な人材」と「そうでない人材」の格差は広がり、真剣に自身の市場価値を上げていかなければ、淘汰されていくでしょう。

 

【2】楽天が真似できないZOZOTOWN高成長のカラクリ 物流の仕組みに差(引用:「http://news.livedoor.com/article/detail/12674666/」)

ZOZOTOWNが躍進しています。

ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」(ゾゾタウン)を運営するスタートトゥデイの業績が好調です。

2016年4~12月期決算は、売上高は前年同期比42.2%増の536億円、純利益は78.1%増の141億円です。大幅な増収増益となりました。

ZOZOTOWNは、サイズ選びとかもスムーズですし、購入プロセスも簡素化されていて、本当に使いやすい。

1人あたりの年間購入金額も約5万円と伸びてきているとのことです。

これからますます、ECサイトでのショッピングは増えていくと思うので、さらに成長していくのでしょう。

 

楽天市場とのビジネスモデル違いはというと

楽天市場はあの大きなモール上にたくさんの小売業者を抱えている。

一方で、ZOZOTOWNはというと、有名ブランドを中心に取り扱っていて、「受託販売」という方式を採用している。

受託販売することで、出荷などのサービスも一挙に担うことができ、スピーディな対応が可能なのです。

 

【1】モバイルECのコンバージョン率は1%だけど……スマホ対策に注力&投資すべき理由(引用:「https://netshop.impress.co.jp/node/4010」)

ECサイトでのコンバージョン率がそれぞれ、Webサイト経由:3%、アプリ経由:2%、スマホ経由:1%という結果だったとのこと。

しかし、ECサイトの売上比率の66%以上が、スマホ経由というデータから分かるように、

スマホからの流入したユーザーがかなり多いということが言えるのだ。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー