時々役に立つブログ

広告効果絶大!Instagram Storiesが他のSNSよりも広告効果がある理由とは?

time 2017/01/22

広告効果絶大!Instagram Storiesが他のSNSよりも広告効果がある理由とは?

Instagramの抜け目ないサービスの展開が功を奏しているようです。

昨年からサービスを開始した「Instagram Stories」のサービス利用者が増えています。

日本でもサービスが利用できるようになってからは、僕もよく目にするようになりました。

その中で、企業による広告ツールとして利用される頻度も増えています。

 

sponsored link

Instragram Storiesとは?

そもそもInstagram Storiesとはなんなのか?簡単に言ってしまうと、投稿内容が24時間以内で消える投稿サービスです。

投稿者側は気軽にコンテンツ投稿ができるだろうし、見る側もタイムラインがフォローしているユーザーによるものだらけになり、うんざりしてしまったこともあるでしょう。

けど、これによってそういった問題も解消されるのではないでしょうか。

 

24時間で投稿内容が消えることで、ユーザーに感情的にアプローチすることができる

僕が思うInstagram Storiesの最も優れている点は、24時間で投稿内容が消えるという点だ。

企業によるプロモーションが増えている理由の1つであるとも考えています。

24時間で投稿内容が消えることで、コンテンツの希少性が高まり、ユーザー側に次の行動(シェア、サービスの購入など)を促進させるからです。

Instagram Storiesは現在、1億5,000万人のデイリーユーザーを獲得しており、3ヶ月前の利用者数1億人から急上昇を遂げた。調査企業eMarketerはInstagramが今年、36億4,000万ドル(約4,200億円)の広告売上をもたらすと予想している。

  • Instagramのユーザー数:約6億人
  • 日間アクティブユーザー数:約3億人
  • Instagram Storiesの日間アクティブユーザー数:約1億5千人

さらに、ユーザー層を見てみる。

日本の年齢別ユーザー数

引用:『【最新版】2016年12月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ(http://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/)

アメリカの年齢別ユーザー数

引用:『【最新版】2016年12月更新! 11のソーシャルメディア最新動向データまとめ(http://gaiax-socialmedialab.jp/post-30833/)

見てわかるように、圧倒的に若年層の利用が多いのです。

Instagramは、基本的には写真や動画などを投稿するコミュニケーションプラットフォーム。

ファッション、食べ物、空間などのコンテンツとの相性が抜群。

英国のファッションブランド、マルベリーによるとストーリーへの投稿は、自社サイトへトラフィックを呼び込む非常に強力な手段だという。

同社によるとストーリーに添付したリンクは他のSNS投稿に比べ、約5倍の誘導効果があるという。

また、ストーリー投稿の7割はサウンドをオンにした状態で見られており、より没入感の高い告知効果を生んでいる。

スマホの出荷台数などを考えると、スマホ需要も一巡したように思えるが、アジアやアフリカなどまだまだ潜在的な需要は大きいでしょう。

そう考えると、サービスの成長も大きくなる。

しかし、元々はSnapchatが提供していたサービス。やっぱりFacebook(Snapchat)が繰り出す戦略は抜け目ないですね。

sponsored link

down

コメントする






カテゴリー