インバウンド戦略

爆買い商品から今後の中国人旅行客の旅行心理について紐解く

中国の国慶節(建国記念日)を機会に日本を訪れる中国人観光客が増加しています。 『円安』『ビザ発行の緩和』『中国と日本を結ぶ便が増加』『LCCの登場』などによって、訪日中国人が増えています。 僕は、まだ日本を訪れてくれる中国人観光...
インバウンド戦略

医薬品・日用品などのインバウンド需要とSNSからの購買動線について

中国で、国慶節(建国記念日)を迎え、海外旅行が増える中、訪日中国人の『爆買い』が期待されます。(参照:『秋の爆買い熱烈歓迎、中国国慶節で百貨店や薬局』) インバウンド需要を取り込もうと、百貨店やドラッグストアーなどは販売に力を入れてい...
インバウンド戦略

『爆買い』を促進させる『We Chat(微信)』『Weibo(微博)』まとめ

中国の国慶節(10月1日〜10月7日)の間、たくさんの中国人観光客が日本を訪れ、買い物などを楽しむでしょう。 そこで注目されるのは『爆買い』 訪日中国人が日本の商品をたくさん買い込んで、中国へ帰国することを聞かない日はなくなり...
インバウンド戦略

『爆買い』からみる、訪日中国人のインバウンド消費についてポイント5つ

中国経済の減速に伴い、人民元安・株式市場の混乱があったにも関わらず、中国人観光客は、国慶節(10月1日〜7日)を迎えるにあたって、海外旅行を楽しむ人で賑わうと予想されている。(参照:『中国人の「爆買い」継続、2015年は総額27兆円超へ=報...
業界まとめ

セブン&アイが『omni7』を11月に開設。オムニチャネル戦略を成功に導く考えるべき3つのポイントとは

セブン&アイホールディングスは、11月1日、インターネットと実店舗を連動させた通販サイト『omni7』を開設する。(参照:『オムニ売上1兆円めざすセブン&アイ、グループ横断の通販サイト「omni7」を11月開設へ』) セブン&...
ソーシャルメディア

ソーシャルメディア上で拡散されるため6つの要素とは?

日本の『ハロウィン』が観光地化するほど、人気なコンテンツになっていることを知っていましたか? 今年のハロウィン市場は、1200億円規模の市場になる見通し。(参照:『ハロウィン目当てに訪日客…SNSが魅力を拡散、バレンタインと並ぶ120...
インバウンド戦略

インバウンド戦略:大丸松坂屋が訪日中国人の受け入れを整えてきた

大丸松坂屋では、訪日中国人観光客の買い物を簡単・便利にするために中国のオンライン決済サービスである『We Chat Payment』の導入を決定した。(参照:『大丸松坂屋百貨店、中国客向け決済「WeChat Payment」導入、帰国後もコ...
インバウンド戦略

インバウンド戦略:高島屋が時計専門館を開設する目的とは

高島屋が東京の日本橋に時計専門館『タカシマヤ ウォッチ メゾン』を開設することを発表しました。 開設日は、2015年10月7日から。 訪日外国人や富裕層の取り込み、来街者が入りやすい環境をつくっていくことが目的です。 今回...
業界まとめ

総合スーパー『ゆめタウン』:業績を継続的に伸ばせる秘訣とは?

総合スーパー(GMS)業界が苦戦する中、西日本を中心に展開している『ゆめタウン』は業績を好調に伸ばしています。(参照:『「ゆめタウンで買い物」に九州人がハマる理由』)
Webマーケティング

苦戦するファッション業界:EC戦略について多様化してきている

ファッション業界全体が苦境に立たされている理由は何なのか。(参照:『苦戦するアパレル業界、ECで注目の新サービス続々』) 帝国バンクデータによると、2014年上半期のアパレル小売業界の倒産件数は、104件にも上り、前年同期比で19.5...
スポンサーリンク