コピーライティング力を上げたい人必見!商品を売るために押さえるポイントまとめ

「記事を作成したけど、なかなか商品が売れない」という悩みを抱えている人は多いはずです。

それって

  • 記事構成
  • 記事を作成する考え方

を変えるだけで【売れる文章】へと変わっていくかもしれません。

僕自身アフィリエイトを始めて5ヶ月くらいが経ち、順調に成約数を伸ばしております!

そこで、普段意識しているコピーライティングを紹介したいと思います。

コピーライティングに必要な要素を理解すること

まずは【売れる文章】にはブロックごとに役割があるので紹介します。

大きく文章を4つのブロックに分けると、上図のようになっています。

  • 「商品の特徴を伝えれば良いんでしょ?」
  • 「読みやすい文章書けば問題ないでしょ?」
  • 「あれもこれも文章に取り入れよう!」

こんな感じで文章を書いていくと、読みづらかったり、要点を押さえていない文章に陥りがちになってしまいます。

だから、きちんと『型』というものをしっかりと意識することが大切なんです

キャッチコピーの役割は?

キャッチコピーの役割はなんでしょうか。

それは、次の文章を読みたいと思わせたり、その商品に対する興味・関心を掘り起こすことです。

人が行動する理由って何?

人がお金を出してでも商品を購入する理由って何なのか。

それは、「快楽を得る」「苦痛を避ける」ためです。

「欲しくてたまらないとおもていた快楽を得られるかも知れない」「今、抱えている悩みや痛みを取り払ってくれるかもしれない」という欲求を刺激され、期待を感じるからなのです!

ボディー構成する内容は?

ボディーの役割は、ユーザーが抱える問題の解決策を伝えて上げて、その商品を「欲しい!」と思ってもらうことです。

そこで、以下の4つのポイントを明示してあげることが重要になります。

お客さんが抱いている4つの疑問

  • 結果
  • 実証
  • 信頼
  • 安心

お客様が抱える4つの疑問とは

①これは私に何をしてくれるの?

→商品によって得られる結果

 

②なぜ、これが私の役に立つの?

→その結果が出る理由を実証

 

③ところで、あなたは誰?

→商品を信頼できる理由

 

④これは私にも効果があるの?

→効果があるという安心

 

結果を見せるとお客様は、商品を欲しくなります。

実証を見せるとお客様は、自分にもできると思い、信頼を見せるとお客様は、背中を押され、購入に前向きになるのです。

安心を見せるとお客様の持つ、全ての不安を取り除くことができます。

クロージングで魅力的なオファーを提示してあげる

魅力的なオファーを構成する4つの要素
  • ①簡便性(早い、簡単)
  • ②希少性(個数、期限など)
  • ③特典(プレミアム性)
  • ④保証

①簡便性

すぐに簡単に満足を得られるということ

 

②希少性

人は、限られているもの、残り少ないものに対して強い価値を感じる

 

③特典

商品に付加価値をつけて、商品の価値をあげ、価格を落とさずに販売するということ

 

④保証

お客様が持つ、粗悪品を掴むかも知れないというリスクを肩代わりすることによって、購入を迷っている背中を押すことができる

最後にもう一度『ベネフィット』をまとめてあげる

追伸(まとめ)がなければ、人は「なんだか結局売り込みじゃないか」と思い、あなたの商品の良さや、そこから得られるベネフィットも一切知らないままに、セールスレターをよくことをやめてしまうのです。

人は売り込まれることが嫌いです。

クロージング部分でセールス色が強くなる部分をフォローします。

売れる文章を書く前に準備するべきポイントは?

訴求するターゲットを決める

LPの要約をします。

まずはここで、ターゲットを絞り込みます。

・デモグラフィック変数(年齢、性別、職業、所得など)

・サイコグラフィック変数(価値観、ライフスタイルなど)

どんな状況に困っているのかを徹底分析

育毛剤ってハゲになってから使う人って少ないですよね?

恐らく、ハゲが気になり出し始めた人が購入するものだと思います。

 

またその「ハゲが気になり出した」背景って色々とあると思います。

  • カッコいいのに髪の毛が薄いよね?って言われた
  • モテたいけど自信ない

などなど。

ユーザーがどんな状況で困っているのかを徹底的にリサーチしましょう

商品をよく知ること

次に、商品をしっかりと理解します。

  • どんな成分が配合されているのか
  • 他と比べて何が違うのか

競合サイトなどと比較し、洗い出します。

その商品を購入することでユーザーはどうなるのかを考える

ユーザーは、その商品を購入し使用することで、得られる未来を期待しているのです。

だから、その未来を手に入れられる理由となる要素をきちんと考えましょう。

商品の特徴、差別化ポイントってなに?

コラーゲンが減少することで、毛髪育成にストップがかかり、髪の毛が薄くなるということ。

コラーゲンサポートが重要ということで、配合成分とその含有量が差別化ポイントになることが分かりますよね。

売れる文章の構成案に必要なポイントは?

売れる文章の構成案に必要なポイントをまとめます。

商品を購入することによってどんなベネフィットがあるのかを明示すること

繰り返しになってしましますが、【ベネフィット選定】が重要です。

これによって、一瞬でターゲットの興味を引きつけ、次へと読み進めてもらう。

 

人が忙しい中で時間を割いてまで、文章を読みたいと思うのは、

「これを読めば、欲しくてたまらなかった快楽を得られる方法があるかも知れない」

「いま抱えている痛みや悩みを解消できる方法があるかも知れない」

という期待感があるからということです。

そのベネフィットを得られる理由はなんなのか

結果を得られる具体的な理由を明示することが重要になり、商品の効果を実証するために必要なことは全て伝えましょう

ポイントは、ユーザー側に疑問を抱かせないこと。

あなたの商品によって得られる結果が、良いものであればあるほど、実証のパートは長くなる。しかし、どれだけ長くなっても、必要なことを全て説明しなければならないのです。

それは「安心」して買えるかどうか

その商品が価格に見合うだけの価値があるのかどうかということが知りたいので

  • 口コミ
  • 実績

などの要素を入れていきます。

魅力的なオファーをつける

魅力的なオファーとは?
  • 簡便性
  • 希少性
  • 特典
  • 保証

簡便性とは

簡便性には、全て素早く、簡単に、抱えている悩みや痛みを解消するという要素が含まれています。

希少性とは

魅力的なオファーを作るために、希少性は必要不可欠。

人は、数が少ないものに価値を感じるます。

希少性オファーとは?
  • 人数限定
  • 数量限定
  • 時間限定
  • 日数限定
  • 客層限定
  • 条件限定

特典とは

特典をつけることでオファーの価値が上がります。

保証とは

  • 保証について
  • 返金、返品保証
  • アフターサービス
  • サポート保証

まとめ:やっぱり【リサーチ】がめっちゃ重要

ユーザーの悩みは1つですが、悩みを解決する方法は複数あります。

その悩みをこの商品を活用して解決していくメリット、その理由がすごく重要でそれを伝えましょう。

 

そのためには【リサーチ】がめちゃくちゃ重要です。

 

商品分析も重要ですが、ユーザーの悩み・背景などをしっかりとリサーチしなければ

他サイトと同じような文章になってしまいますし、【売れる文章】にはなりません。

 

ここのリサーチをしっかりすることで、他サイトにはない記事をかけるようになりますし、訴求力が高い記事になるでしょう。

 

こちらの本にも詳しくポイントなどが記載されているのでよかったら参考にして下さい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

アクセスアップを実現するために必要な文章術のポイント5つ

自分の書いた文章は最後まで読んでもらいたいと思いませんか?

しかし、読者側は最後まで読まずに、次の記事に目を通したり、別なサイトに移ってしまいます。

では、最後まで文章を読み進めるかどうかについて、どこで判断しているのでしょうか?

 

それは、第1文、第2文といった冒頭部分です。

 

それならば、魅力的な冒頭文を書けるようになれば、最後まで文章を読んでもらう確率は高くなるし、魅力的な文章になる。それでは、魅力的な文章を作成するためには、どうすれば良いのか考えてみたいと思います。

 

1.疑問文を投げかける

疑問文には、強力なパワーが秘められています。

なぜ、疑問文にすることで、次の文章を読みたいと思わせることができるのか。

それは、疑問文によって読者は、その疑問文に対する答えを探そうとする感情が生まれるからです。

 

ポイントは、疑問文を第1センテンスに導入するということ。

 

そして、その答えを記事で答えていきます。理想的なのは、記事全体がその疑問に対する答えのような内容にするということです。

疑問文が好奇心を抱かせるような文章であるほど、効果的でしょう。

 

2.読者に想像させる

文章を読むことで、どういうことなのかを相手に想像させることです。

例えば

  • 「◯◯◯◯を想像してみてください。」
  • 「もし、◯◯◯◯ならどうでしょうか?」
  • 「◯◯◯◯だった頃を覚えていますか?」
  • 「これは、久しぶりにワクワクした」

少し、直接的かもしれませんが、ポイントは『相手に、すでにサービスを利用しているような感覚をイメージさせる』ことです。

有名な話が

「ステーキを売るな!シズルを売れ」

つまり、ジュージューという肉を焼く音をユーザーに伝えることで、想像させることが大切であるということ。

人間が持っている、感覚器官をフルに活用して伝えてみましょう。

 

3.ストーリーを使う

あなたは、ドラマを見たことがありますか?

映画もそうですが、長時間画面にしがみついてしまいますよね。

それくらい、ストーリーには力があるということです。

 

『ステーキ』という最終的な商品を売るときに関しても、誰がつくったのか、牛はどんな牛なのか、これをつくった経緯は何なのかなどを説明するなど、そのサービスの過程を話すことで、人間を動かしたり、説得力を増す文章が作成できるようになります。

 

4.比喩を使う

たとえ話、比喩もまた想像力を駆り立てる手段の1つです。比喩を使うことによって、短い文章でも、読み手側に伝えたい内容を具体的に想像させることができ、伝わりやすくなります。

また、画像などを挿入することで、同じような結果を得ることができます。

 

5.ニュースと関連づける

話題になっているニュースなどと関連付けることで、読者を引き寄せることもできるでしょう。ニュースと記事がどのように関連づいているのかを説明しましょう。

 

まとめ

読者に最後まで文章を読んでもらうために、冒頭部分を工夫するという考え方を紹介しました。

読者が、記事を探して、読むべきかどうかを判断する時間は、ほんの数秒です。

その数秒のうちに、「読みたい」と思わせるためには、戦略的にユーザー側に記事を読んでもらうためにはどうすれば良いのか。

それは、『相手目線で書く』ということに尽きると思います。

例えば、暖かいコートを販売するとしたら、「このコートは、雨も風も寒さも防げます」ではなく、「このコートを着れば、どれだけ寒い冬でも、ぬくぬくです。」と書いた方が、読み手は自分のこととしてイメージしやすくなる

良いコピーは、読者に「これは自分のことについて言われている」と当事者意識を持たせることによって、読者の感情を刺激する。従って、徹底的に読者目線で書くようにしよう

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

文章術の基本!人の心を掴むためのコピーライティングとは

こんな文章ならば、大量に反応が返ってくる。

多くの人に文章を読んでもらうためには、意識するコピーライティングの方法があります。

成功者が経験的に使っているコピーライティングの技術とは、一体どんなものなのかを説明していきます。

 

多くの人を惹きつけるための第1センテンスの意味とは?

多くの人に読んでもらうための文章とは、どんなものでしょうか?

  • 構成がしっかりしている
  • 理解しやすい文章であること
  • 読みやすい文章であること
  • サービスの説明がしっかりとしていること

多くの人に読んでもらえる文章に関して、たくさんの要素が上がってきそうですね。

しかし、上記のような文章を作成したとしても、そもそものところ、『文章』を読み手に読んでもらえなければ意味がありませんよね。

先の文章を読んでもらうために第1センテンスが存在するということです。

 

たくさんの情報が流れている時代において、記事を読みたいと思うか、思わないのかを決めるのは一瞬です。

「パッ」と見て、自分にベネフィットがない・興味がないと思われた瞬間、先の文章を読むことはないでしょう。

 

したがって、第1センテンスから、読み手を引きつけ、興味を抱かせ、次の文を読みたいと思わせる必要があります。

 

例えば、

  • 「驚愕。◯◯◯◯」
  • 「ついに公開!○○○○」
  • 「あなたは、◯◯◯◯していませんか?」

第1センテンスは、最も役割が多い部分です。

ここで「何を伝えるか」「どう伝えるか」によって、読者があなたのサービスを欲しがるか、または文章を読みたいと思わせるかは決まります。

 

多くの人に読ませるコピー文とは?

第1センテンス/第2センテンスで読者の興味を引くことができたら、次は、読者の悩みの種を明確に提示し、「読まずにはいられない」というぐらいに強く引き込むことが重要です。

また、読者が「それこそが、普段から自分が悩んでいることなんだ!」と、思わず共感してもらえる問題を書きます。

 

ここで大切なポイントが、『コンセプト』を売るということです。

商品やサービス自体の説明をしてはいけません。

というのは、人々は潜在的に変化を嫌っており、そもそもセールスレターを疑っています。

 

だからこそ、そこまで踏み込まなければ決して、時間を割いて読み進めようとはしてくれません。

人は快楽を得ることよりも、苦痛から逃れることを優先する生き物なのです。

 

絶対的な解決策を提示する

あなたが、読者の問題をすぐに解決する方法を持っていることを宣言します。

大事なことは、「あなたの商品やサービスを利用すれば、必ず問題が解決し、もう今までのような問題や痛みを感じ続けて生活する必要はない」と伝え、読者を安心させてあげることです。

勘違いしてしまう人が多いが、解決策の提示とは、あなたの商品やサービスを詳しく伝えることではありません。

 

信頼性を演出する

あなたの会社や商品を信頼できると思えるような理由を、すぐに提示しなければいけません。

例えば、

  1. お客様からの満足の声
  2. 自分の業界内での位置付け
  3. 影響力のある著名人との繋がりをアピールする
  4. 実績
  5. 信用

を勝ち取るためには、読み手が抱くであろう、疑問に全て答えられるように文章に提示することなのです。

 

リアリティのあるベネフィット

読者はその記事自体を読みたいと思っているのではありません。

読者が求めているのは、あなたの商品やサービスではなく、それによって得られる未来なのです。

 

セールスとは、商品ではなく未来像を売ることだ。

あなたの商品やサービスを手にすることで、お客様が将来何を得られるのか、どうなるのかをしっかりと明示できるようにしましょう。

「自分のことなんだ」というように臨場感を感じられないベネフィットでは、読者の心は動きません。

 

希少性を演出する

基本的な考え方は、読み手側にある特定のサービスを買えば、特別の存在になれると感じてもらうこと。

その限られたサービスを所有していることを羨まれる数少ない人々の一員になれるということです。

 

読者があなたのセールスレターを見ているその瞬間に、確実にクロージングしてお金を出して貰う必要があります。

そのために、今すぐに動くべき動機を与える必要があるのです。

 

明確なコール・トゥ・アクションを提示する

お客様から嫌がられるということで、「どうやって注文するのか」という注文方法についての記載を軽視しがちです。

最後に、あなたの商品やサービスを注文する方法を、0から10まで、明確に分かりやすく伝えることを忘れてはいけません。

「電話で注文するのか?」「注文フォームに入力するのか?」「FAXなのか?」「PAYPALを使うのか?」など、あなたの商品やサービスを手に入れるために、何をすればいいのかを指示しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

全米No.1マーケッターから学ぶ!人の心を動かす文章術の基本

目から鱗とはまさにこのこと。

こんな方法があったのか。

文章で思いを伝える。言葉で説明することって何だか難しそう。

やっぱり、文章作成が上手い人がユーザーに伝わりやすい説明をすることができると思ってしまう。

そんな時、この本に出会いました。

photo?022

出典:ジョセフ・シュガーマン氏著『全米No.1セールス・ライターが教える『10倍売る人の文章術』

著者は、ダイレクト・マーケティングで数億の売上をガツガツと叩き出すマーケティングの達人。

そんなプロのセールス・ライターから言葉でアピールするためにどのようなことを意識していたのでしょうか?

 

1.ユーザーに第1文を読みたいと思わせる

第1センテンスをユーザーに読ませることが、何よりも重要。そのために、第1センテンスを伝わりやすくするため、『短く』『読みやすく』し、次の文章を読みたいと思わせることが大切です。

 

2.第2文で読み続けたいと思わせる

ユーザーの関心を持続させるために、このまま読み続けたいと思わなければなりません。

サービス内容・メリット・価格のような説明はあとで説明する。

まずは、ユーザーの興味を引き立てることが大切です。

 

3.小見出しを工夫する

小見出しを工夫して、後にくる文章を読みやすくしたり、イメージしやすくさせましょう。

 

4.シンプル、明確に説明する

説明を複雑にする言葉や、不必要な言葉を排除し、シンプルで分かりやすい言葉を使う。

言葉は、感情に訴えるイメージです。注意点として、説明に漏れがないようにしなければなりません。

 

5.新しい特徴を強調する

サービス内容の説明を単純にするのではなく、他のサービスとは『何が違うのか』ということをアピールすることが重要です。

 

6.異論に先回りをする

ユーザー側が抱く『疑問』『反論』という感情を予測して、説明する必要があります。

そのために、どんな人がユーザーになっているのかを知らなければなりません。

 

7.常套句を使わない

  • 「世界が待ち望んだ商品」
  • 「信じられないような商品」
  • 「今までなかった○○」

このような言葉は、使わないようにしましょう。なぜなら、ユーザー側が『疑い』『信頼性の欠如』が置きてしまうから。

 

8.リズムをつける

短い文章。その次はちょっと長めの文章。

いろいろな文章を織り交ぜて、文章全体に変化やリズムをつけ、読みたい気持ちを持たせます。

 

9.信頼できる人に紹介してもらう

人は、安心を求めます。したがって、このサービスは安心ということを伝えなければなりません。

その1つの手段として、信頼できる人に紹介してもらうこと。

「この人も使っている。だから安心」と思わせることで、ユーザー側に安心を提供することができます。

 

10.多くを語り過ぎない

常に「もっとシンプルな言い方がないか」と自答して、作成した文章を編集していきましょう。

 

11.感情移入させること

ユーザー側にサービスを使っているというイメージを想像させること。

経験、体験を提供し、当事者意識を高めましょう。

 

12.正直/誠実さを打ち出すこと

「ネガティブな内容があるから隠そう」と思っても、見破られます。

その結果、信頼性を失うため、正直に内容を伝えましょう。

 

13.信用性を高める

軽率な物言い、常套句、誇張などは、ユーザー側との信頼関係を削いでしまいます。

そのために、正直に伝える。

ユーザー側が抱く『思い』を先回りし、答えなければなりません。

 

14.納得感を与える

ユーザー側が必ず思うこと。

「このサービスを買って良いのだろうか」

相手を納得させるために、『疑問』にきちんと答えて、ユーザー側に購入の正当性を訴える必要があります。

 

15.『欲』を刺激する

「お買い得品」と言って、必要でもないのに商品を買ったことは多いはずです。

 

16.サービスの本質を見つける

それぞれの商品の本質を理解し、その強みを生かすことで、説得力が得られる。

防犯用のアラームの『本質』は何か?

それは、設置が簡単で、きちんと作動し、移住者を守ること。

つまり、サービスの本質を理解するために必要なのは『常識』なのです。

 

17.好奇心をあおる

「このサービスはどんなものなのだろう?」

ユーザー側に好奇心を与えるために、サービスを使うと何が分かるのか?ということを伝えます。

 

18.切迫感をもたらす

「ちょっと考えさせてください」

そう言って、時間が経つにつれて、サービスを購入することを忘れてしまいます。

いつでも購入できる状況ではなく、『期限』『限定感』を与え、今購入することが、メリットであるということを伝えます。

 

19.希少価値/独自性をアピールする

ある特定のサービスを購入することで、特別な存在になれるということを伝えること。

 

20.人間的な観点を大切にする

  • 「どんな問題を解決してくれるのか?」
  • 「どんな手触りなのか?」
  • 「どんな外観なのか?」

ストーリーを語って、人間的な視点を語ることが大切です。

 

21.希望を与えるということ

サービスを利用すれば、どうなるのかということを暗示します。

単に、『数字』『分析結果』のような具体的なデータで説明するのではなく。

利用した人の感想や、証言を通じて、成果を伝えることが大切です。

 

まとめ

すべてのポイントに共通しているもの。それは、『ユーザーを知る』ということだと思います。

「どんな人が利用してくれているのだろう?」ということを考えることで、伝える内容が明確になります。

結果的に、そういったところから信頼関係が構築されていくと思いますし、『ユーザーを知る』ことが、『言葉でアピール』するために必要なことだと気付かされました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

売れるコピーライティングを実践するためのテクニック-後編-

『顧客心理』を理解して、人を動かす、モノを購入してもらうための武器となる『心理的トリガー』を紹介します。

 

8.感覚に訴える

人は感覚で買い、理屈で納得(正当化)する。

感覚に訴えるとは?

  • どんな言葉でも、それぞれにある感覚を想起させ、何らかのストーリーにする
  • 効果的なセールスは、いずれも言葉、印象、感情にあふれ、感覚に訴える
  • 感覚的に訴えて売る。ただし、理屈でその『買い』を納得させる

なぜ、ベンツを買うのだろうか?

「ベンツは技術的にすごくて…」

「壊れにくくて、長い間乗れるから…」

購入する理由は、たくさんありますが、本当のところは「かっこいいから」「高級車だから、ベンツのオーナーという選ばれた人々の仲間に入りたい」

つまり、技術的な理由というよりも、感覚的に決めているのです。

そして、買った時に「なんで買ったの?」という質問に答えらえるように、理屈での理由が必要になってくる。

だから、理屈で納得させることも大切なのです。

あなたのサービスを買いたいと思う感覚的な理由を考えましょう。

 

9.理屈による正当化

『8. 感覚に訴える』における、お客さんを正当化させるために必要なポイントです。

サービスを買うべきかという論理的理油をお客さんに与える必要がある。技術的優位性や節約、効率性などの特徴を強調しましょう。

 

10.強欲

人を説得する際に利用されてきた感覚的で基本的な要素が『強欲』です。

人は自分が受け取る資格があると思う以上のものを欲しがります。

商品に対する価値を高めるように伝えることで、サービスは売れます。

 

例えば、5万円の標準品を買いたいと思っているお客さんがいるとする。

最初に10万円の商品を見せてから、5万円の商品を見せることで、商品の価格などを安く見せたりすることができる。

 

11.信頼性・信憑性を高める

お客さんは『買う』という購入に対して、理由を持たせたい。

だから、信用できるサービス、信頼できるサービスということを伝えることで、それが買う理由になるのです。

また、具体性を用いることによって、より魅力的で信頼性の高い提案ができるようになります。

 

信頼性を損なう最大の要因は?

それは、お客さんの『疑問』に対処していないことです。

したがって、お客さんが次にどのような『疑問』を思い浮かぶかを先読みして、正直に、信用される回答を用意しましょう。

 

12.リンキング

あなたの売ろうとしている商品やサービスと、消費者すでによく知っているものを関連づけます。

そうすることで、お客さんはあなたの商品を理解しやすくなり、自分との接点を見つけやすくなります。

あなたのサービスに付加価値をつけてくれるようなリンクを考えてみたり、お客さんが知っていることなどと組み合わせて接点を作ってみましょう。

 

13.切迫感

「なぜ、今買わなければならないのか?」

すぐに買わなければならない理由と、すぐに買ったほうが良い理由付けをしましょう。

また、期日などを設けることで、切迫感が引き立ちます。

 

14.限定

自分以外にわずかな人しか持っていないものを所有するということは、人間の強い動機付けとなります。

収集日や限定版、短期生産、高級品などは少人数しか所有できないため、どれもお客さんに買いたいと思わせる強い動機付けとなります。

 

まとめ

これらの『心理的トリガー』を使うことで、人を行動させることができるようになります。

けど、人を行動させることが目的となってしまって、根本的な『相手のため』という軸を忘れてしまっては本末転倒です。

『相手思考』をベースにして考えて、最も効果的な手法を実践していきたいです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

売れるコピーライティングを実践するためのテクニック-前編-

興奮が抑えられない。

なぜなら、この本に出会ってしまったからです。

photo?018

出典:ジョセフ・シュガーマ氏著『シュガーマンのマーケティング30の法則-お客がモノを買ってしまう心理的トリガーとは-』

 

なぜコピーライティングが重要なのか

そもそもなぜコピーライティングが重要なのか。

お客様にサービスを購入してもらうためには、セールス力を磨いたほうが懸命なのではないかと考える人も多いと思いますが、

コピーライティングもサービスの販売促進に関わっていきます。

 

インターネットの普及によって、Webを介してサービスを購入することが多くなりました。

 

どんなサービスを購入するのかをFacebookやTwitterなどのSNSの評価をベースにして、ユーザーは購入に踏み切るかどうかを決める時代です。

したがって、そういった背景も踏まえて、コピーライティングが重要であり、お客様に購入する気にさせる文章を書くことが必要になってくるのです。

 

人を動かす、モノを購入してもらうためには『顧客心理』を理解することが重要です。

しかし、僕たちは人を動かすときに、そういったことを直感的にかつ、無意識に使っているため理解していないことが多いでしょう。

 

けど、『心理的トリガー』を押さえておけば、魅力的な文章を書くために利用できる。

 

サービスを買ってもらうためにどうすれば良いのかを考えるための知識になる。

そんな人生の中で、一生の『武器』となる『心理的トリガー』とはどんなものなのでしょうか。

 

1.一貫性の原理

一度、購買を決定すると『ついで買い』をしたくなる。

つまり、最初の行動と一致した行動をする傾向にあります。

 

「車が汚れないように、フロアマットをお付けしたほうが良いですかね?」

「ああ、そうだね。もらおうかな」

 

買い手の心理としては、一度買うと決めたことによって、もっと買うつもりになっているということ。

そういった状況を作り出すこと。見込み客を顧客に転じさせるために重要なことは、『購買決定をこれ以上ないほどシンプルなものにしてあげること』です。

 

2.適切なアピールポイントをつくる

防犯ベルを買ってもらおうと営業してもなかなか売れません。

「うちには必要ない」ということで、そのサービスの必要性を感じず、購入までには至りません。

 

しかし、隣の家などに空き巣などが入った時に「やっぱり必要だわ」といって、その必要性を感じるのです。

どの商品にも特有の性質や個性があって、お客が共感できる特徴があります。

 

商品の特徴を認識し、お客との接点を見つけることが大切です。

お客が商品のどこに興味を示すのか、理由を考えることは良いことでしょう。

 

3.顧客の特徴を知る

お客を知ること。

何がお客を買う気にさせるのか。引き寄せるのかを考えましょう。

聞き上手になり、お客さんとの関わったり、ニーズを聞き出したり、あなたの商品のどんな点が重要なのかを見極めましょう。

 

4.抵抗感を克服させていく

「うーん、どうしようかな。少し考えさせてください」

そう思われた時点で、購入してくれる確率は、激減してしまいます。

 

その場で、購入するほどの納得感がなく、魅力的ではなかったということです。

つまり、お客さん側が何らかの『疑問』を抱いた結果なのです。

 

それは『価格』『内容』『見た目』などです。お客さんの心の抵抗感、つまり消費者の頭に浮かぶ『疑念』を先に改善してあげることが大切です。

 

5.巻き込みとオーナーシップ

お客にアプローチするときは、あたかも相手があなたのサービスを所有しているかのように話し、オーナーシップを高めることが重要です。

お客さんの想像力を掻き立てて、購買プロセスへの参加意欲をそそります。

「この手触りを感じてください」のように、『感覚』に訴えるような伝え方を心掛けてみましょう。

 

6.権威を漂わせる

購買決定する際に、お客さんは誰もが権威に頼りたがります。

「マーケティングの専門家が推薦する」

「脳科学推奨の◯◯」

規模・実力・設備、あるいは勤勉さといったものも含め、どんな優位性があっても、権威あるものとしてお客さんに見せる。

その分野の専門家とされる人や企業からサービスを買うことができれば、お客さんにとって大きな価値となります。

 

7.お買い得感を与える

どんなにお金持ちのお客さんであっても、本当に値段相応のものを提供されているかどうか知りたいと思っています。

他のサービスとの嘘のない比較や、どれだけ節約できるのか、あるいは単純に値引きしたことなどを強調することが重要です。

類似品と比較してお買い得感を与えましょう。

正直な比較をし、なぜお値打ちなのかの裏付けをきちんとしておきましょう。

 

まとめ

いくつかの『心理的トリガー』を紹介しました。

それぞれ違った内容ですが、共通点があります。

それは、お客さんを『思いやる心』から生まれてくるということ。

自分本位で考えることには、限界があり、周りの人も付いてきません。

 

相手思考で考える。

相手思考で考えた行動に対する結果を分析することで、『心理的トリガー』のような体系的なノウハウを創造することができると思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

多くの人に読んでもらえる文章を書く上で守りたい質問7つ

インターネット・スマホの普及によって、今までになく、文章を書くスキルが問われてきています。

なぜなら、FacebookなどのSNSの台頭により、個人が発信する情報の影響力が高まると同時に、文章などでその人を判断される機会も多くなってきたからです。

それならば、成果の出る文章を書けた方が良いことは自明です。多くの人に読まれる文章が書けているかを判断する時に、注意すべきポイントは何なのでしょうか?

 

1.文章を書く時間はどうなっているのか?

朝は脳が一番活発に働いています。この時間は、最も良い文章が早く書けます。

最も文章が書けない時間帯は夜です。

 

なぜなら、朝の自分の状態は頭の中の情報が整理されており、自分の考えなどもまとまりやすく、一方で夜は、様々な情報をインプットした後ですから、複雑な表現になったり、文章構成がおかしくなることがあるからです。

夜になると、脳の働きが鈍くなるため、良い文章は書けません。

僕の場合、夜書いた文章を翌朝読み返すと、文章構成がおかしかったり、恥ずかしく思えるような文章であることが多々あります。

 

つまり、それほどひどい文章になっているのです。

ジェームス・W・ヤング氏著『アイデアのつくり方』でも、良いアイデアを生み出すためには、まず考えたアイデアを一度ブラッシュアップすることを勧めています。

 

2.体のコンディションはどうなのか?

文章を書くには、多くのエネルギーを使います。僕はエネルギーを(糖)を補充するため、朝は甘いものを摂るようにしています。バナナのようなフルーツを赤処することで、効率よく糖を摂取することができます。

また、バナナ以外であれば、パンやごはんなどの炭水化物からブドウ糖を摂取することもできます。

 

ただし、炭水化物の場合、食べ過ぎには気をつけてください。

食べ過ぎると、胃に血液が集中するため、脳の血液供給が減り、その結果、眠気や集中力の低下を招き、良い文章が書けなくなります。食べすぎず、効率よく糖分を摂ることを心賭けましょう。

 

3.適度な運動はしているか?

身体と脳は密接に繋がっています。身体を刺激することは、脳を刺激することになります。

しかし、『書く』という作は、体を動かすことなく、一定の状態を保ったまま作業することになります。

そのため、少し運動をする必要があるのです。運動することで、血液の循環が良くなり、集中力も高まります。

 

4.無理に文章を書いていないか?

気分が乗らないときに書いた文章は最悪です。スポーツでも、モチベーションはパフォーマンスに影響を与えます。

文章でも同じです。

気分が良いときや、書きたいという衝動に駆られたときは、良い文章が書けます。自分の気持ちを管理することも、文章を書く上で大切なことなのです。

 

5.文章を書く場所はどうなのか?

いつもと同じ作業・行動や反復した動作をすることで、脳の働きは鈍くなったり、停止しがちです。だから、仕事机ばかりで書いていると、なんだか気分が萎えてくるものです。

 

そのようなときは、外に出ていつもと違った場所で書くようにします。

すると、新鮮な気持ちで文章が書けるようになります。

たまには外出して文章を書いたり、いつもと違う机で文章を書いてみるのもいいでしょう。

 

6.ペルソナ設定は行っているか?

文章を書くために一番大切なことは何か。それは、誰に対しての文章を書くのかを明確にすることです。

文章は誰かにメッセージを発するためにあります。その「誰か」が誰なのかを明確にする必要があり、ペルソナ設定をすることが重要です。

誰に発信するかによって、メッセージの内容も、表現の仕方も異なります。

誰にでも分かるように書かれた文章は、誰にも伝わりません。文章は、特定の人に向けてメッセージを書くものです。「誰でも」は、誰にもメッセージを発信していないのと同じなのです。

 

7.お客様が求めているものは明確か?

コピーライティングは、お客様のためにあります。書き手のために書くのではなく、お客様のために書くのです。よくある間違いは、言いたいことを書いてしまうことです。

 

「この商品は、こんな効果があります。

ほかにもこんな効果があります。

さらには、こんな素材にもこだわっています」と、書き手が伝えたいことを伝えようとしてしまうのです。

 

書き手が伝えたい情報と、お客様が聞きたい情報は違います。そのサービスを欲しいと思っていないのに、突然商品の説明を始められても、お客様は困惑するだけ。

お客様は、自分に関係ない情報だと判断すれば、読むのを止めてしまいます。お客様が求めているニーズやウォンツは何か。それを明確にしてからコピーを書かなくてはいけません。コピーライティングの根本的なことですが、理解している人は少ないです。

 

まとめ

何事も『何のためにやるのか』という目的意識を明確にすることは大切ですが、それは文章を書くことに対しても同じことが言えます。

文章を書くことの目標が定まることで、読み手の存在も明確になり、どのような内容の文章をかくべきなのか、表現方法はどうするべきなのかという細かな部分も決まってきます。

このように、メインターゲットを設定することで、作成するための戦略も明確になるため、まずは『読み手』を意識する習慣をつけることが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0