【要約】メタップス 佐藤氏著『お金2.0』の重要な内容をまとめてみると

メタップス社長の佐藤航陽氏著の『お金2,0-新しい経済のルールと生き方-』は読みましたか?

 

この本はこんな人におすすめです!

こんな人におすすめ
  • お金の本質を見抜きたい人
  • これからの社会がどのようになっていくのか知りたい人
  • これからの社会で活躍していきたい人

 

何故かと言うと

  • 何が経済のルールが変えていくのか
  • これからの時代で大切なポイントは何なのか

を教えてくれるからです。

 

お金2.0を読んで

重要だと思うポイントをまとめました。

 

  • 読む時間がない人
  • これから読む前に事前に内容を掴んでおきたい人

ぜひ活用してください!

発展する『経済システム』が持っている5つのポイントは?

社会の仕組みを知る上で重要なポイントとは何でしょうか。

社会が発展し、持続的な『経済システム』に共通している5つのポイントがあります。

ポイント
  • インセンティブ
  • リアルタイム
  • 不確実性
  • ヒエラルキー
  • コミュニケーション

です。

 

これって、SNSが5つのポイントを兼ね備えていますね。

インセンティブ
「いいね!」、「コメント」や「シェア」といった、

インセンティブとなるシステムがあること。

 

リアルタイム
常に状況が変化していて、それがユーザー側も分かっっている。

 

不確実性
「いいね!」などがたくさんもらえるかどうか。

または、バズるかどうかなどの不確実要素があり、

先の見通しができない。

 

ヒエラルキー
フォロワー数などの目に見えないヒエラルキーが存在する。

 

コミュニケーション
メッセンジャーやコメントでコミュニケーションが取れる。

 

ここで重要なのが、「お金」が絡んでいないこと

 

お金以外の価値でもこういった経済システムを

作り出すことができそうです。

ユーザーに熱中してもらえる『サービス』を作るためには?

ユーザーに熱中して利用してもらえるような商品やサービスを作るには、

ユーザーの欲望と向き合う必要があります

 

そして製品やサービスを作る人は、

その製品を軸に作れる経済圏の設計を考えておく必要があります。

 

衣食住などの根源的な欲望を満たすためのサービスであることはもちろん、

それに加えヒットするサービスを考える場合は、

衣食住などの生理的欲求以外の社会的欲求を刺激できる

仕組みを導入できないかを考えてみることが重要

 

サービスがリアルタイムとは言わずとも、

毎日・毎週・毎月変化する企画があることで、

ユーザーは常にそのサービスのことが気になってくるようになるのです。

 

何度も訪れてくれる可能性が高まります。

 

サービスを軸にして、それを使ってくれるユーザーを母集団にして1つの経済システムを形成します。

 

サービスが成長することでユーザーも得をし、

ユーザーが得をすることでサービスも成長するという「利害の重ねあわせ」を丁寧にやっていき、

共生関係を作り出していきます

 

これによってサービスの差別化が難しくなったとしても、

サービスを軸に形成された経済圏が競争優位性となり成長を続けることができるようになります

今起きている変化を読み取ること

バズワードよりも今世の中に起きている変化を1つの現象として理解することが重要

 

そうすることによって、

次に起きる変化もある程度は予測できるようになり、

次々に登場する流行にも冷静に向き合うことができるようになります。

テクノロジーが『分散化』が進む?!

テクノロジーが進むにつれて、経済システムの分散化が進むでしょう。

分散化が進んでいく中で、どんなサービスが台頭していくかというと

  1. シェアリングエコノミー
  2. トークンエコノミー
  3. 評価経済

です。

 

テクノロジーの発展・発達によって、

今までのシステムがテクノロジーに置き換わったり、

重要ではなかったことが重要になりつつあります。

『資本主義』から『価値主義』へと切り替わっていく?!

価値主義とは?

  • お金や経済の民主化
  • 資本にならない価値で回る経済

のことを言います。

 

資本にならない価値は言うと

  • 内面的な価値
  • 社会的な価値

を表していて、これらは今までは重要だとされていなかったこと。

 

内面的な価値は何か。

「この人を成功させてあげたい」のように共感を得られるようなことです。

 

共感を起こすためには利他的であることが重要

何かに熱中している人ほど結果的に利益を得られるようになるでしょう。

 

社会的な価値は何か。

慈善団体や社会的な価値となるもののことです。

 

利益を追求というよりも、

社会的な持続性を高めるような行動が周りに評価されます

 

まとめ

お金のためではなく、価値を上げるために働くことが重要です。

 

自分の価値を高める価値はというと

 

  • スキル・経験のような実用性としての価値
  • 共感や好感を得られるような価値(何かに熱中しよう)
  • 信頼・人脈のようなつながりとしての価値(いろんなコミュニティを作ろう) 

これからは自分自身の『価値』が評価される時代。

 

今の仕事を通して、社会全体で見たときに、

どんな価値を与えられるのか、与えているのかを見つめ直してみましょう。

こちらの記事で『お金2.0』の詳細を!→こちら

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0

【要約】ホリエモンの本から仕事観について考えてみた

こんなこと思ったことありますか?

仕事にやりがいを感じない人

与えられた仕事ばかりをしている人

やりたいことをやるための方法を知りたい方必見です!

この一文は、堀江貴文さん著の「逆転の仕事論」の冒頭。

 

この本を読み始めた時は、ドキッとしたことを覚えています。

 

8人のイノベーターが登場するのですが、

すべての人に共通する点は何なのかを考えてみました。

自分がやりたいことをやる

自分がやりたいことを、実際にやっているということ。

当たり前であると思うが、なかなかこれを実践できる人は多くありません。

 

なぜなら、目に見えない「レール」の上を歩き、

それを踏み外すことに恐怖心を抱いているから。

 

一流の大学に入学し、大企業に入社したり、公務員になってみたり。

 

今までの社会が築いてきた「レール」に乗っかり、

その上を歩いていることがいつの間にか、

「優秀」といったようなイメージを作っているように思えます。

 

根本的な問題は、日本の教育制度にあると思います

小さいころから、周りのみんなと同じようにする躾(しつけ)、

そしてそれに従わなければならないという暗黙のルールによって、

個性が欠ける人物になる。

 

一方で、8人のイノベーターは、「好きなこと」をやっている、仕事にしています。

 

なぜ、それができるのかというと、

「自分で考えて、行動している」「変化を恐れない」という

2つの側面を合わせ持っているからでしょう。

 

そして、これらのイノベーターたちも、

最初から「好きなこと」「やりたいこと」が見つかっているわけではない。

 

自分がやってみたいという仕事を実際に行動し、

そして行き着いたポイントが、「今」であるということ

 

まずは、やってみたいことを実際に行動に移してみて、

その中で、やりたいことを確立させるということが大切です。

 

面白い=「共感」+「意外性」

「ほぼ日刊イトイ新聞」の主宰者である糸井重里さんは、

「面白い」について、このように言っています。

「面白い」というのは主観で。

そこからもう一歩踏み込んで、何かを「面白い」と自分が感じる要素とは何なのか。

これは、ある程度探っていけるはずです。

恐らくひとつは「共感性」で、もうひとつは「意外性」です。

井戸端会議って、基本的には「共感性」の山なんです。

「そうよねぇ、わかるわ」という言葉の乱発ですよね。

ただ、「共感性」だけだと、居心地はいいけど「面白い」にはならない。

そこに「川島さんは、今の時期のサンマはおいしくないっていうけど、こう料理したらおいしいのよ」という話が割り込んでくる。

すると、会話は「え、そうなの?」という「意外性」に飛んでいく。

そこで、面白いにつながる。

井戸端会議でいう、

共感の部分の話は、記憶には残らないが、「え、そうなの?」という話題に関しては、

記憶に残ったりする。

 

仕事も同じで、「これは、理解できるぞ」「この境遇は、前にも体験したぞ」といった共感できる部分と、

「こんなことを仕事にして良いのか」

「これは、できるのか」

「これをやると、将来が怖いな」

みたいな

 

意外性のある要素を含んだことを仕事にすると、

それが「面白い」仕事になったりする。

 

『今』だけに集中することが大切

「今」だけに集中して行動することが大切であるということ。

 

なぜなら、時系列は未来に向かっているわけですから、

過去の栄光や、やりたかったことなどに囚われていてはいけない。

 

今置かれている環境を全力で行動することで、

新しい可能性が見えてくるということを学びました。

 

まとめ
  • 対象に極限まで集中する
  • 未来の目標設定をしない
  • 数字の目標などにとらわれず「いま」に集中する
  • 幸せの基準は自分で持ち、外的要因で心を乱さない
  • 目には見えない幸福を大切にする
  • 一番を目指す闘いは無意味
  • 仕事の人間関係を全て親友との空気感に設定する

 

今までの行動を見直すことも大切

今までの行動を見直すことも大切です。

いつもの行動というのは

結構、無意識に行動していることが多くて、

意識的に行動を変えることで『流れ』を変えることができます。

 

まとめ
  • 熱狂し続けられるモノ・コトを見つける
  • 世の中の動きが分からないと変化の波に取り残される
  • 肩書きではなく、自分の名前で仕事が作れる
  • 失敗の可能性について考えても意味がない
  • トライ&エラーをひたすら繰り返し、正確に近づく
  • 自らの行動、思考をすべてに意識的になる
  • お金はやりたいことを実現する道具と認識する

 

『逆張り』の意識

ルールに囚われないことが重要。

ニュースや周りで起きていることも疑問に持って、

自分なりの見解を持つということで囚われた生活から解放されます。

 

まとめ
  • 『何が起こるか分からない』を大切にする
  • 許されるギリギリのところにこそ面白いものがある
  • 意味ばかり追求するとありきたりで、つまらないものになる
  • 思い切った実験をしないと面白いものは生まれない
  • ひとつの場所に依存しないからこそ好きなことを言える
  • ルールや常識に縛られない
  • 自分の名前で仕事を作り、お金を動かす

 

『自分』でやることを決める

自分でやることを決めて、それを継続して見ましょう。

ポイントは、自分がやりたいことをやること。

 

まとめ
  • トライ・改善を繰り返す
  • 市場が開拓される前にいち早く参入する
  • 質を追求する準備期間は短縮し、とにかくやってみる
  • 新しいことに手を出し続ける
  • サボらず、愚直に続けることが信頼を高める
  • ネットならではの強みを最大限生かす
  • 好奇心を大切にし、時代の波をつかむ

 

まとめ

テクノロジーの進歩によって、どんどん生活スタイルや仕事の取り組み方についても

変わっています。

 

100年前と考え方が同じってこと自体がおかしいですよね。

  • 常識に囚われない
  • 常に自分の頭で考えること

が自分らしい生き方であったり、やりたいことをやるために必要な考え方ではないでしょうか。

 

決まったことをやってしまう方は必見です!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0